トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




日本海草図譜[改訂版]
大場達之・宮田昌彦著

判型: A4 上製
頁数: 156
ISBN: 978-4-8329-1409-4
Cコード: C3045
発行日:2020-10-10
定価: 11,000円 (本体価格10,000円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

 『日本海草図譜[改訂版]』の大きな特徴は,.リジナル版(2007年)で潮水〜汽水に常在し“準海草”としたものを海草として、被子植物の最新のAPG分類体系検2016)に則り、日本列島沿岸に分布する全ての海草,1目5科12属26種2亜種1変種4雑種を収録したことであり、⇒嬶仟rbcL 遺伝子をマーカーとした、著者らのオモダカ目の分子系統解析を踏まえて国際藻類・菌類・植物命名規約(2018)に準拠した改訂を行ったことである。また、3ち陲痢群落体系に関する植物社会学的な考察と人とのかかわりについての民族植物学的な情報を提供していることである。そして、こち陲砲かわる10のコラムを掲載したことである。
 本書は、できうる限り生きた状態のサンプルを用いて精細に記録することをめざした。スキャナによる植物の記録,あるいはサンプルを水中に保持して透過光で撮影する方法などは,著者らが開発した手法であり,今後多くの研究分野で利用されるであろう。そのためにスキャナによる記録手法についても記述し,研究手段の1つとして活用できるように配慮した。
 日本列島沿岸に生育する海草の多くは,太平洋とインド洋に広く分布することから,本書の情報は特に日本の近隣諸国で海洋生物学,海洋生態学,保全生物学,海洋生物資源学,あるいは水産学の調査と研究に大きく役立つものと考える。本書はその目的を果たしうるように図版の精度を高めると共に,科,属,種の解説を和文と英文で記述し,海外での利用を容易にするように考えた。このように本書がアジア,インド・太平洋地域の海草に関する学術研究の国際交流に対して果たす役割はきわめて大きいといえる。

 本書は、自然観察の指導者や愛好家、漁業者、教員、大学院生、学部学生、環境系ボランティアに一助となるであろうし、初心者に海草に興味をもつきっかけを与えるだろう。

●目次

『改訂版』の刊行にあたっての序文
はじめに
凡 例

第1章 日本産海草概説
 1.海草とは
 2.日本における海草の研究史
 3.海草の系統

第2章 科・属・種の検索と記載
 トチカガミ科 Hydrocharitaceae Juss. 1789
  ウミショウブ属 Enhalus Rich. 1812
   1.ウミショウブ Enhalus acoroides (L.f.) Royle 1839
  ウミヒルモ属Halophila Thouars 1806
   2.オオウミヒルモ Halophila major (Zoll.) Miq. 1855
   3.ヤマトウミヒルモ Halophila nipponica J.Kuo subsp. nipponica 2006
   4.ノトウミヒルモ Halophila nipponica J.Kuo subsp. notoensis Ohba et Miyata 2007
   5.ウミヒルモ Halophila ovalis (R.Br.) Hook.f. 1858
   6.トゲウミヒルモ Halophila decipiens Ostenf. 1902
   7.ミキウミヒルモ Halophila mikii J.Kuo 2006
   8.ヒメウミヒルモ Halophila minor (Zoll.) den Hartog 1957
   9.ホソウミヒルモ Halophila okinawensis J.Kuo 2006
   10.タナベウミヒルモ Halophila × tanabensis Ohba et Miyata 2007
   日本産ウミヒルモ属(Halophila)の分類に関する考え方
 【コラム 枡本列島沿岸および周辺における2007年以降のウミヒルモ属(Halophila)の系統
       分類学的な研究
  リュウキュウスガモ属 Thalassia Banks et Solander ex König 1805
   11.リュウキュウスガモ Thalassia hemprichii (Ehrenb. ex Solms-Laub.) Asch. 1871
 アマモ科 Zosteraceae Dumort. 1829
  スガモ属 Phyllospadix Hook. 1838
   12.スガモ Phyllospadix iwatensis Makino 1931
   13.エビアマモ Phyllospadix japonicus Makino 1897
   14.ヒメスガモ Phyllospadix × choshiensis Miyata et Ohba 2007
  アマモ属 Zostera L. 1753
   アマモ亜属 Subgen. Zostera den Hartog. 1970
   15.オオアマモ Zostera asiatica Miki 1932
   16.スゲアマモ Zostera caespitosa Miki 1932
   17.タチアマモ Zostera caulescens Miki 1932
   18.アマモ Zostera marina L. 1753
   コアマモ亜属 Subgen. Zosterella den Hartog. 1970
   19.ナンカイコアマモ Zostera austroasiatica Ohba et Miyata 2007
   20.コアマモ Zostera japonica Asch. et Graebn. 1907
 【コラム◆枡本列島周辺海域で話題になったアマモ科(Zosteraceae)2種
 ヒルムシロ科 Potamogetonaceae Bercht. et J. Presl 1823
  ヒルムシロ属 Potamogeton L. 1753
   21.ツツイトモ Potamogeton pusillus L. 1753
  リュウノヒゲモ属 Stuckenia Börner 1912
   22.リュウノヒゲモ Stuckenia pectinata (L.) Börner 1912
  イトクズモ属 Zannichellia L. 1753
   23.イトクズモ Zannichellia palustris L. 1753.
 カワツルモ科 Ruppiaceae Hutch. 1934
  カワツルモ属 Ruppia L. 1753
   24.カワツルモ Ruppia maritima L. 1753
   25.ヤハズカワツルモ Ruppia cirrhosa (Petagna) Grande var. truncatifolia (Miki) H. 
     Hara 1983
   日本産カワツルモ属(Ruppia)の分類に関する考え方
 ベニアマモ科(シオニラ科) Cymodoceaceae N. Taylor 1909
  ベニアマモ属 Cymodocea König et Sims 1805
   26.ベニアマモ Cymodocea rotundata Ehrenb. et Hempr. ex Asch. et Schweinf. 1870
   27.リュウキュウアマモ Cymodocea serrulata (R.Br.) Asch. et Magnus 1870
  ウミジグサ属 Halodule Endl. 1841
   28.マツバウミジグサ Halodule pinifolia (Miki) den Hartog 1964
   29.ホソバウミジグサ Halodule tridentata (Steinheil) Endl. ex Unger 1843
   30.ニラウミジグサ Halodule uninervis (Forssk.) Asch. 1882
   31.ホソニラウミジグサ Halodule × linearifolia Ohba et Miyata 2007
   32.マツニラウミジグサ Halodule × serratifolia Ohba et Miyata 2007
  シオニラ属 Syringodium Kütz. 1860
   33.シオニラ Syringodium isoetifolium (Asch.) Dandy 1939
【コラム】アマモ(Zostera marina Linnaeus)の基準標本は,図版(icon)である

第3章 栄養体による種の検索
 栄養体による日本産海草の検索
 【コラムぁ朿ち陲侶賄と分岐年代の推定(1)

第4章 日本海草図譜
 1.図版作成の手法─スキャノグラフィなど
 2.スキャノグラフィの歴史的位置
 【コラムァ曠妊献織覽蚕僂砲茲襯優ぅ船磧璽廛螢鵐謄ング(Nature Printing)の再評価
 トチカガミ科 Hydrocharitaceae Juss. 1789
  ウミショウブ属 Enhalus Rich. 1812
   1.ウミショウブ Enhalus acoroides (L.f.) Royle 1839
  ウミヒルモ属 Halophila Thouars 1806
   2.オオウミヒルモ Halophila major (Zoll.) Miq. 1855
   3.ヤマトウミヒルモ Halophila nipponica J.Kuo subsp. nipponica 2006
   4.ノトウミヒルモ Halophila nipponica J.Kuo subsp. notoensis Ohba et Miyata 2007
   5.ウミヒルモ Halophila ovalis (R.Br.) Hook.f. 1858
   6.トゲウミヒルモ Halophila decipiens Ostenf. 1902
   7.ミキウミヒルモ Halophila mikii J.Kuo 2006
   8.ヒメウミヒルモ Halophila minor (Zoll.) den Hartog 1957
   9.ホソウミヒルモ Halophila okinawaensis J.Kuo 2006
   10.タナベウミヒルモ Halophila × tanabensis Ohba et Miyata 2007
 【コラムΑ200万年生き続ける海草,ポシドニア・オケアニカ Posidonia oceanica (L.) Delile 
       1813
  リュウキュウスガモ属 Thalassia Banks et Solander ex König 1805
   11.リュウキュウスガモ Thalassia hemprichii (Ehrenb. ex Solms-Laub.) Asch. 1871
 アマモ科 Zosteraceae Dumort. 1829
  スガモ属 Phyllospadix Hook. 1838
   12.スガモ Phyllospadix iwatensis Makino 1931
   13.エビアマモ Phyllospadix japonicus Makino 1897
   14.ヒメスガモ Phyllospadix × choshiensis Miyata et Ohba 2007
  アマモ属 Zostera L. 1753
   アマモ亜属 Subgen. Zostera den Hartog. 1970
   15.オオアマモ Zostera asiatica Miki 1932
   16.スゲアマモ Zostera caespitosa Miki 1932
   17.タチアマモ Zostera caulescens Miki 1932
   18.アマモ Zostera marina L. 1753
   コアマモ亜属 Subgen. Zosterella den Hartog. 1970
   19.ナンカイコアマモ Zostera austroasiatica Ohba et Miyata 2007
   20.コアマモ Zostera japonica Asch. et Graebn. 1907
 ヒルムシロ科 Potamogetonaceae Bercht. et J. Presl 1823
  ヒルムシロ属 Potamogeton L. 1753
   21.ツツイトモ Potamogeton pusillus L. 1753
  リュウノヒゲモ属 Stuckenia Börner 1912
   22.リュウノヒゲモ Stuckenia pectinata (L.) Börner 1912
  イトクズモ属 Zannichellia L. 1753
   23.イトクズモ Zannichellia palustris L. 1753
 カワツルモ科 Ruppiaceae Hutch. 1934
  カワツルモ属 Ruppia L. 1753
   24.カワツルモ Ruppia maritima L. 1753
   25.ヤハズカワツルモ Ruppia cirrhosa (Petagna) Grande var. truncatifolia (Miki) H. 
     Hara 1983
 ベニアマモ科(シオニラ科) Cymodoceaceae N. Taylor 1909
  ベニアマモ属 Cymodocea König et Sims 1805
   26.ベニアマモ Cymodocea rotundata Ehrenb. et Hempr. ex Asch. et Schweinf. 1870
   27.リュウキュウアマモ Cymodocea serrulata (R.Br.) Asch. et Magnus 1870
  ウミジグサ属 Halodule Endl. 1841
   28.マツバウミジグサ Halodule pinifolia (Miki) den Hartog 1964
   29.ホソバウミジグサ Halodule tridentata (Steinheil) Endl. ex Unger 1843
   30.ニラウミジグサ Halodule uninervis (Forssk.) Asch. 1882
   31.ホソニラウミジグサ Halodule × linearifolia Ohba et Miyata 2007
   32.マツニラウミジグサ Halodule × serratifolia Ohba et Miyata 2007
  シオニラ属 Syringodium Kütz. 1860
   33.シオニラ Syringodium isoetifolium (Asch.) Dandy 1939
 【コラムА朿ち陲亮粉の不思議,アマモ(Zostera marina)は,水中と水面で受粉する両刀使
       いの水媒花

第5章 海草の群落体系
 1.海草の群落体系
 2.群落の記述

第6章 海草と人とのかかわり
 1.日本における海草の利用
 2.日本における海草藻場の保全
 【コラム─曠▲泪發撚虻を葺いた海草屋根の家(Tanghusene)
 【コラム】エラズマス・ダーウィンの詩編「植物の園」に海草 ‘Zostera’ の一節を詠む

第7章 Seagrasses of Japan
 Hydrocharitaceae Juss. 1789
  Enhalus Rich. 1812
   1.Enhalus acoroides (L.f.) Royle 1839
  Halophila Thouars 1806
   2.Halophila major (Zoll.) Miq. 1855
   3.Halophila nipponica J.Kuo subsp. nipponica 2006
   4.Halophila nipponica J.Kuo subsp. notoensis Ohba et Miyata 2007
   5.Halophila ovalis (R.Br.) Hook.f. 1858
   6.Halophila decipiens Ostenf. 1902
   7.Halophila mikii J.Kuo 2006
   8.Halophila minor (Zoll.) den Hartog 1957
   9.Halophila okinawensis J.Kuo 2006
   10.Halophila × tanabensis Ohba et Miyata 2007
  Thalassia Banks et Solander ex König 1805
   11.Thalassia hemprichii (Ehrenb. ex Solms-Laub.) Asch. 1871
 Zosteraceae Dumort. 1829
  Phyllospadix Hook. 1838
   12.Phyllospadix iwatensis Makino 1931
   13.Phyllospadix japonicus Makino 1897
   14.Phyllospadix × choshiensis Miyata et Ohba 2007
  Zostera L. 1753
 Subgen. Zostera den Hartog. 1970
   15.Zostera asiatica Miki 1932
   16.Zostera caespitosa Miki 1932
   17.Zostera caulescens Miki 1932
   18.Zostera marina L. 1753
 Subgen. Zosterella den Hartog. 1970
   19.Zostera austroasiatica Ohba et Miyata 2007
   20.Zostera japonica Asch. et Graebn. 1907
 Potamogetonaceae Bercht. et J. Presl 1823
  Potamogeton L. 1753
   21.Potamogeton pusillus L. 1753
  Stuckenia Börner 1912
   22.Stuckenia pectinata (L.) Börner 1912
  Zannichellia L. 1753
   23.Zannichellia palustris L. 1753
 Ruppiaceae Hutch. 1934
  Ruppia L. 1753
   24.Ruppia maritima L. 1753
   25.Ruppia cirrhosa (Petagna) Grande var. truncatifolia (Miki) H. Hara 1983
 Cymodoceaceae N. Taylor 1909
  Cymodocea König et Sims 1805
   26.Cymodocea rotundata Ehrenb. et Hempr. ex Asch. et Schweinf. 1870
   27.Cymodocea serrulata (R.Br.) Asch. et Magnus 1870
  Halodule Endl. 1841
   28.Halodule pinifolia (Miki) den Hartog 1964
   29.Halodule tridentata (Steinheil) Endl. ex Unger 1843
   30.Halodule uninervis (Forssk.) Asch. 1882
   31.Halodule × linearifolia Ohba et Miyata 2007
   32.Halodule × serratifolia Ohba et Miyata 2007
  Syringodium Kütz. 1860
   33.Syringodium isoetifolium (Asch.) Dandy 1939
 Key to Japanese seagrasses with non-generative character
 【コラム】海草の系統と分岐年代の推定(2)


文 献
和名索引
学名索引


●著者紹介

大場 達之(オオバ タツユキ)
1936年 東京都に生まれる。
1959年 横浜国立大学卒業。
1966年 神奈川県立博物館準備事務局。
1967年 神奈川県立博物館学芸部学芸員。
1970〜1972年 西ドイツ理論応用植物社会学研究所研究員。
1977年 理学博士(東北大学)。
1989年 千葉県立中央博物館副館長。
1996年 千葉県立中央博物館定年退職。
2005年 第13回松下幸之助花の万博記念賞授賞(地域の植物を調べる─市民の身近な環境情報としての植物誌─)

専門 植物社会学,植物地理学,地域植物誌

【主論文】
Ohba, T. 1974. Vergleichende Studien ueber die alpine Vegetation Japans. 1. Carici rupestris-Kobresietea bellardii. Phytocoenologia 1 (3): 339-401.
Ohba, T. 1994. Flora and vegetation of the Northern Mariana Islands, Micronesia. Nat. Hist. Res., Special Issue 1: 13-69.

【主著】
ヨーロッパの高山植物(学習研究社,1973)
日本の植生(彰国社,1982,分担執筆)
神奈川県植物誌(神奈川県植物誌調査会・神奈川県立博物館,1988,分担執筆)
山の植物誌(山と溪谷社,2000,共著)
野の植物誌(山と溪谷社,2000,共著)
千葉県植物誌(千葉県,2003,編著)
日本海草図譜(北海道大学出版会,2007,共著)  など


宮田 昌彦(ミヤタ マサヒコ)
1953年 東京都に生まれる。
1985年 北海道大学大学院水産学研究科博士課程修了,水産学博士(北海道大学)。
1985年 東京学芸大学生物学教室助手。
1988〜2008年 千葉県立中央博物館主席研究員を経て自然誌歴史研究部長。
1997年12月〜1998年3月 文部省在外研究員(英国ロンドン自然史博物館)。
2009〜2012年 千葉県立中央博物館分館海の博物館館長。
2013〜2017年 千葉県立中央博物館主任上席研究員。
2018〜2020年 放送大学非常勤講師。

専門 紅藻系統分類学,民族海藻学

【主論文】
Miyata, M. & Yotsukura, N. 2005. A preliminary report of gene analysis of Agarum oharaense Yamada (Laminariaceae, Phaeophyta), with special reference to the phylogeny. Nat. Hist. Res., Sp. Issue 8: 83-87.
Miyata, M. & Kikuchi, N. 1997. Taxonimic study of Bangia and Porphyra (Bangiales, Rhodophyta) from Boso Peninsula, Japan. Nat. Hist. Res., Sp. Issue 3: 19-46.

【主著】
潮だまりの海藻に聞く海の自然史(岩波書店,1999)
海苔の生物学(成山堂,2000,共著)
千葉県植物誌(千葉県,2003,共著)
有用海藻誌(内田老鶴圃,2004,共著)
日本海草図譜(北海道大学出版会,2007,共著)
民族海藻図鑑(マリンラーニング実行委員会・北大大学院水産科学研究院,2016,共著)
アマノリ生物学の最前線(ClobeEdit, 2019,共著)
Present and Future on Biology of Porphyra(Nat. Hist. & Inst., Chiba, 1997,編著)
Present and Future on Molecular Biology of Useful Seaweeds(Nat. Hist. & Inst., Chiba, 2005,編著)  など




北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED