トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




議会審議の国際比較 ― 【議会と時間】の諸相
岡田信弘編著

判型: A5 並製
頁数: 320
ISBN: 978-4-8329-6858-5
Cコード: C3031
発行日:2020-02-28
定価: 6,380円 (本体価格5,800円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

憲法をはじめとする制度的枠組み、制度の機能、審議の合理化、政府・議会多数派の役割、野党の地位に加え、議員任期や会期、議事日程といった「時間」という要素にも着目し、フランス、ドイツ、イタリア、イギリス、アメリカそして日本の議会を対象に議会審議や運営のあり方の比較を試みる。
●目次

はじめに


 第1部 考察の枠組み

第1章 国際比較から見た国会審議の特色と問題点
    ──国会における「時間」の意義と特異性………大山礼子
 機々餡颪砲ける「時間」
 供々餡颪麓茲襪紡りない機関なのか?
 掘,覆室村租な審議ができないのか?
 検_革の方向性

第2章 フランスにおける議会の時間………ジル・トゥルモンド/徳永貴志 訳
 はじめに
 機〕僉仝
 供(検)
 掘ヽ茵〕
 検^梁腓丙酩

第3章 合理化された議会制と立法手続………セリーヌ・ヴァンゼル/徳永貴志 訳
 はじめに
 機々舁化された議会制と立法手続との不可分性
 供[法手続合理化技術の多様性

第4章 会期制の比較研究………岡田信弘
 はじめに
 機_餞制の諸態様
 供_餞の分類
 掘_餞制の現代的あり方
 検,錣国の会期制のあり方の特徴と問題点


 第2部 国別の考察

第5章 フランス議会上院における法案審議の合理化と政府統制機能の強化………徳永貴志
 はじめに 
 機2015年改正の経緯
 供_餤墜時の再編
 掘ゝ聴の出席義務と歳費減額
 検/概弔旅舁化
 后\府統制機能
 まとめにかえて

第6章 フランスの立法過程における議会多数派の役割………ジュリー・ベネッティ/徳永貴志 訳
 はじめに
 機2008年の憲法改正によって理論上再評価された役割
 供\治的力関係によって本質的に規定される役割

第7章 議会と時間──ドイツ連邦議会の事例
            ………………セリーヌ・ヴァンゼル/岡田信弘・塩田明子・徳永貴志 訳
 機ゝ腸颪砲ける各アクターの時間に寄与する法
 供.疋ぅ掴∨議会の最適な時間管理に寄与する文化
 結 論

第8章 イタリアにおける議院規則改正と議会審議への影響………芦田 淳
 はじめに
 機_識ゝ則の改正
 供‐絮ゝ則の改正
 おわりに

第9章 イギリス議会における時間をめぐる制度と運用………木下和朗
 序
 機1997年以降の議会制度における時間をめぐる改革
 供_鮖狂△寮限と議会期
 掘_餞制の運用及び改革
 検ゝ鳥日程の合理化
 結

第10章 アメリカ連邦議会における法案審議過程の特徴
     ──近年の党派的分極化の中で………新井誠
 はじめに
 機〃法規範から見た連邦議会の法案審議過程
 供ゝ腸餘娠弔氾淒錨分極化
 掘‥淒錨分極化が立法過程に与える影響;;‖臈領制との関係
 検‥淒錨分極化が立法過程に与える影響※;]∨議会の内部問題
 まとめにかえて─トランプ政権時代の議会運営と法案審議

第11章 日本の国会審議の効率性と代表性………武蔵勝宏
 はじめに
 機々餡颪寮度と運用を説明する2つのモデル
 供‘本の国会制度──効率性と代表性のいずれを重視しているのか
 掘々餡饋概弔砲ける効率性と代表性は何によって影響を受けるのか
 検々餡颪寮度や慣行をどのように見直すべきか


 第3部 総括と解題

総括と解題──議会審議をどのように比較するのか………只野雅人
 機ゝ腸饋概弔鬚匹里茲Δ鉾羈咾垢襪里
 供_鯊


索引
執筆者一覧


●著者紹介

岡田 信弘(オカダ ノブヒロ)
北海学園大学教授、北海道大学名誉教授

大山 礼子(オオヤマ レイコ)
駒澤大学教授

ジル・トゥルモンド(Gilles TOULEMONDE)
リール大学准教授

セリーヌ・ヴァンゼル(Céline Vintzel)
ランス大学准教授

ジュリー・ベネッティ(Julie BENETTI)
パリ第1大学教授

永 貴志(トクナガ タカシ)
和光大学教授

芦田 淳(アシダ ジュン)
国立国会図書館調査及び立法考査局主査

木下 和朗(キノシタ カズアキ)
岡山大学教授

新井 誠(アライ マコト)
広島大学教授

武蔵 勝宏(ムサシ カツヒロ)
同志社大学教授

只野 雅人(タダノ マサヒト)
一橋大学教授



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED