トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




鳥類の生活史と環境適応
江口和洋・睫攵散淑埣

判型: A5 並製
頁数: 288
ISBN: 978-4-8329-8230-7
Cコード: C3045
発行日:2018-10
定価: 3,456円 (本体価格3,200円+税)

未刊・予約受付中
●本書の特徴

鳥類研究の基盤となる生活史戦略につき、産卵・繁殖、内分泌物質、営巣戦略と採餌戦略、ヒナへの給餌、配偶様式と繁殖様式や、地球規模の環境適応として、鳥の渡り、島嶼への適応、外来種の定着などを取り上げ、包括的に論じた論文集。研究史と研究の最前線を紹介。
●目次

はじめに


 第1部 生活史研究の基盤

第1章 鳥類における生活史研究の最新動向………堀江明香
 1 生活史進化とは
 2 生活史形質に影響を与える選択圧
 3 生活史形質間の相互作用
 4 まとめと課題

第2章 産卵数の進化………松井晋
 1 一腹卵数の変異
 2 最適一腹卵数仮説の検証
 3 産卵・抱卵・育雛コストを考慮した検証
 4 一腹卵数の種間・個体群間比較
 5 今後の課題
コラム:r 選択とK 選択

第3章 繁殖開始のタイミングを決める至近および究極的な要因………乃美大佑
 1 D. Lack による繁殖タイミングの研究
 2 繁殖タイミングの適応度への影響
 3 繁殖タイミングに影響する要因
 4 結論と今後の課題

第4章 内分泌物質と生活史………富田直樹
 1 はじめに
 2 ホルモンとは
 3 テストステロンと雌雄の生活史
 4 テストステロンを介した母性効果
 5 今後の課題


 第2部 行動と生活史

第5章 営巣戦略………中原 亨
 1 はじめに
 2 営巣様式の分類
 3 営巣様式の進化と生活史
 4 営巣場所選択
 5 対捕食者戦略
 6 まとめと展望
 
第6章 採餌戦略………上野裕介
 1 はじめに─鳥類の生活史と採餌戦略
 2 最適採餌戦略と鳥類の意思決定
 3 何を食べるべきか─餌メニューの選択
 4 どこで採餌するべきか─―採餌場所の選択
 5 群れるべきか,単独でいるべきか─―採餌集団のサイズ
 6 今後の課題と可能性

第7章 給餌をめぐる利益対立と協調………石井絢子
 1 はじめに
 2 餌乞いと親子対立
 3 餌乞いとヒナ間競争
 4 ヒナ間の協調と交渉
 5 雌雄の利益対立
 6 巣の特定の場所から給餌する鳥類
 7 給餌行動と生活史
 8 給餌研究のこれから

第8章 繁殖様式と生活史………江口和洋
 1 はじめに
 2 つがい外父性と配偶様式
 3 つがい外交尾の利益とコスト
 4 つがい外父性の出現傾向と生活史
 5 家族と協同繁殖の進化
 6 協同繁殖の進化と生活史要因
 7 家族群形成の進化
 8 まとめと今後の課題


 第3部 鳥類の環境適応における生活史的側面

第9章 渡りの生活史的側面………山口典之
 1 生活史イベントとしての渡り
 2 どこをどのように移動するか
 3 いつ移動するか
 4 渡り以外の生活史イベントとの関係
 5 気候変動が渡りに及ぼす影響
 6 まとめと展望

第10章 島嶼における鳥類の生活史形質の共通性………睫攵散
 1 鳥類の生活史戦略を研究する有益性
 2 島嶼における生物群集の成立と島嶼の環境
 3 形態形質における島嶼シンドローム―─島の規則
 4 鳥類における島の規則
 5 生活史形質における島嶼シンドローム
 6 島嶼における生活史と行動の変化
 7 今後の研究の方向性

第11章 外来種の新天地での適応と生活史戦略………天野一葉
 1 はじめに
 2 外来鳥類の適応と表現型可塑性
 3 繁殖戦略と侵入成功
 4 種間関係の変化と侵入成功
 5 個体の多様性の基盤
 6 まとめ


引用文献
索 引


●著者紹介

江口 和洋(エグチ カズヒロ)
元九州大学大学院理学研究院、助教

睫據‐散(タカギ マサオキ)
北海道大学大学院理学研究院、教授

堀江 明香(ホリエ サヤカ)
大阪市立自然史博物館、外来研究員

松井 晋(マツイ シン)
東海大学生物学部生物学科、講師

乃美 大佑(ノミ ダイスケ)
北海道大学環境科学院生物圏科学専攻、博士課程

富田 直樹(トミタ ナオキ)
公益財団法人山階鳥類研究所保全研究室、研究員

中原 亨(ナカハラ トオル)
北九州市立いのちのたび博物館(自然史・歴史博物館)、 学芸員

上野 裕介(ウエノ ユウスケ)
石川県立大学生物資源環境学部環境科学科、准教授

石井 絢子(イシイ アヤコ)
九州大学大学院システム生命科学府、博士課程

山口 典之(ヤマグチ ノリユキ)
長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科、准教授

天野 一葉(アマノ ヒトハ)
滋賀県立琵琶湖博物館、特別研究員



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED