トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




アイヌ民族法制と憲法
中村 睦男著

判型: A5 並製
頁数: 378
ISBN: 978-4-8329-6841-7
Cコード: C3032
発行日:2018-02
定価: 4,104円 (本体価格3,800円+税)

未刊・予約受付中
●本書の特徴

ウタリ対策有識者懇談会を始め、長年にわたりアイヌ文化振興法の制定に関わってきた現アイヌ文化振興・研究推進機構理事長の著者が、北海道旧土人保護法の制定から新たなアイヌ文化振興法に至るまでの過程を詳細に解説。合わせてアイヌ民族法制をめぐる憲法問題の論点を提示する。
●目次



はしがき

第1章 明治政府によるアイヌ政策と北海道旧土人保護法の制定
 第1節 明治政府の成立とアイヌ政策
 第2節 北海道旧土人保護法の制定
 第3節 北海道旧土人保護法の実施
 第4節 旭川市旧土人保護地処分法の制定
 第5節 1937年の北海道旧土人保護法改正

第2章 北海道ウタリ協会の結成と「アイヌ民族に関する法律(案)」の作成
 第1節 北海道アイヌ協会の創立から北海道ウタリ協会へ
 第2節 「アイヌ民族に関する法律(案)」の作成
 第3節 北海道のウタリ問題懇話会による「アイヌ新法」の検討
 第4節 ウタリ問題懇話会報告に関する問題点の検討

第3章 アイヌ文化振興法の制定
 第1節 アイヌ新法制定に向けてのアイヌ民族の活動と政府の対応
 第2節 村山富市内閣の成立と萱野茂議員の誕生
 第3節 「ウタリ対策のあり方に関する有識者懇談会」の設置と報告書の提出
 第4節 アイヌ文化振興法の制定

第4章 アイヌ文化振興法の施行とアイヌ政策の新たな展開
 第1節 アイヌ文化振興法の施行
 第2節 アイヌ政策の新たな展開に向けて
 第3節 「アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会」の設置と報告書の提出
 第4節 アイヌ政策の新たな展開へ向けて

第5章 アイヌ民族法制をめぐる憲法問題
 第1節 憲法による人権保障の体制
 第2節 国際人権条約による人権の保障
 第3節 日本国憲法とアイヌ民族の権利

おわりに──アイヌ先住民法制の確立に向けて
 1 アイヌ文化振興法に残された課題
 2 先住民族に向けての国際連合機関の役割
 3 裁判所の役割


●著者紹介

中村 睦男(ナカムラ ムツオ)



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED