トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




環境保全の法と理論
盒郷蓮ο僕 格・北村喜宣編著

判型: A5 上製
頁数: 648
ISBN: 978-4-8329-6791-5
Cコード: C3032
発行日:2014-04-24
定価: 7,150円 (本体価格6,500円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

環境法の基本的考え方、個別法のポイント、訴訟解説、重大事件についての現場感覚あふれるコメントを1冊に凝縮。最新の研究成果や判例動向をベースに、一定の水準を確保しつつも平易な叙述により、学部授業、学部ゼミから法科大学院まで対応する新しいテキスト。
●目次

はしがき………盒郷
略語一覧


 第吃堯ヾ超法の基本的考え方

第1章 環境法における権利と利益――環境権論を中心に………亘理 格
     環境法における公益と私的権利利益 / 環境権論 / 環境権論再構成の諸類型 / 環境権
     論の将来像

第2章 持続可能な開発………磯崎博司
     環境と開発 / 持続可能性の確保 / 行政規則の連携

第3章 環境対策の費用負担………大塚 直
     環境対策の費用負担 / 環境法における各局面での費用負担 / 課題と展望

第4章 環境リスク………岸本太樹
     科学的不確実性 / 環境リスク――法的対応の難しさ / リスク関連情報の収集とリスク
     評価 / リスク予防措置の決定――リスク管理 / 再評価と検証 / リスク評価・管理手続
     の体系化

第5章 未然防止と予防………堀口健夫
     環境損害の事前対処に関わる概念の発展 / 国際法における未然防止と予防の概念 / わ
     が国の国内法における展開 / 展望と課題

第6章 環境法における比例原則………桑原勇進
     比例原則の意義 / 環境法における比例原則の限界 / 新たな比例原則――過少禁止的比
     例原則

第7章 環境法における国と自治体の役割分担………大久保規子
     地方分権と環境行政 / 環境分野における地方分権の経緯 / 現行法における国と自治体
     の役割分担 / 自治体環境条例の体系 / 今後の展望

環境法事件簿1 景観利益と国立マンション訴訟………河東宗文
         景観の権利性について / 国立マンション訴訟とは / 国立におけるまちづくり / 
         国立マンション訴訟における裁判状況 / 本件マンションが、地区計画および建
         築物制限条例に違反する違反建築物であるかどうか / 景観の権利性について / 
         最高裁判決の問題点


 第局堯ヾ超管理の法的手法

第8章 環境法規制の仕組み………北村喜宣
     現代行政法としての環境法 / 意思決定へのアプローチ / 規制手法とその概要 / 個別
     環境法の基本構造 / 環境法の実施主体としての中央政府と地方政府

第9章 経済的手法………藤谷武史
     経済的手法とは何か / 経済的手法の基本原理と構造 / 経済的手法の具体的設計上の論
     点と「ポリシー・ミックス」の意義 / 経済的手法の具体例 / 経済的手法の展開可能性

第10章 情報的手法・自主的手法………黒川哲志
     環境影響の「見える化」による規制 / グリーン化した市場を利用した規制手法 / 環境
     ラベル / 自主的な取組み / 法律に基づく仕組み / 「見える化」が機能するために

第11章 市民参画………山下竜一
     環境法における市民参画の必要性 / 市民参画の概念 / 市民参画の機能・種類 / 参画手
     続の種類 / 参画手続の適正化 / 市民参画の要件 / 市民参画の効果

第12章 環境アセスメント法の論点とその評価………田中 充
     環境アセスメントの導入と法制度の判定 / 環境影響評価の定義と制度運用の実績 / 環
     境影響評価法の改正に至る経緯 / 改正法制度の主な手続の流れ / 改正環境影響評価法
     における主な論点 / 環境影響評価法の改正における今後の課題 / 環境アセスメント制
     度の発展に向けて

環境法事件簿2 沖縄ジュゴンと米国NHPA訴訟
        ――米国国家歴史保存法の域外適用条項第402条を中心に………関根孝道
         米国NHPA訴訟とは / 本訴訟命令の意義 / 第一次中間命令 / 第二次中間
         命令 / 今後の展望


 第敬堯仝害対策法の仕組みと課題

第13章 大気・水環境管理における規制的手法………柳 憲一郎
     大気・水環境管理における規制的手法 / 大気・水環境管理に関する法的対応 / 大気・
     水質に係る環境基準 / 直接規制の枠組み / 汚染源の多様化に対応する環境保全措置 / 
     直接規制による履行確保の強化 / 大気・水環境管理法の課題

第14章 土壌汚染対策法制の現状と課題………牛嶋 仁
     土壌汚染とその対策法制 / 土壌汚染対策法 / 土壌汚染をめぐる訴訟 / 土壌汚染対策
     法の運用と実務 / 土壌汚染対策法の課題

第15章 化学物質管理法制の現状と課題………高橋 滋・織 朱實
     化学物質規制の特色 / 化学物質管理政策の変遷 / 化審法 / PRTR法 / 化学物質管
     理政策の課題

環境法事件簿3 水俣病とこれからの法………北見宏介
         水俣病の確認から公害認定まで / 患者らによる訴えの提起と救済 / 水俣病事
         件が示すこと


 第孤堯’儡物・資源循環法制の仕組みと課題

第16章 一般廃棄物・資源循環法制の現状と課題………勢一智子
     ゴミと法の視点 / モノからの分離――廃棄物法の成立 / 産業廃棄物との分流――一般
     廃棄物処理法体制の確立 / 産業廃棄物との部分的合流――リサイクル制度による変化 / 
     モノへの再合流――資源管理としての一般廃棄物法政策 / ゴミと法の将来――一般廃
     棄物・資源循環法制の課題と展望

第17章 産業廃棄物法制の現状と課題………福士 明
     産業廃棄物法制の課題 / 産業廃棄物法制と処理の責任主体 / 産業廃棄物法制と適正処
     理の法政策――2000年改正廃棄物処理法以前 / 産業廃棄物法制と「産業廃棄物分野の
     構造改革」――2000年法以降の法政策 / 循環型社会における産業廃棄物法制の課題

環境法事件簿4 大量生産・大量消費社会と豊島事件………小川一茂
         豊島事件の概要 / 調停・判決の内容 / 事件の影響 


 第紘堯ー然保護・都市環境管理法の仕組みと課題

第18章 自然環境保全………盒郷
     「自然保護」から「生物多様性の保全」へ / 自然保護法制の展開と環境法体系における
     位置づけ / 環境政策の新たな枠組みとしての環境基本法 / 保護と利用の調和的両立に
     向けた自然保護の方向性 / 環境法としての自然保護法制の確立に向けた若干の課題

第19章 都市環境管理………荏原明則
     問題の所在 / 都市計画法制の展開 / 現行法制の概要と問題点 / 都市環境問題 / 都市
     環境問題と景観保護 / 残された課題

第20章 公共事業と環境保全………下井康史
     公共事業についての法 / 土地収用法 / 都市計画法

環境法事件簿5 アイヌ民族と二風谷ダム訴訟………鈴木 光
         訴訟に至るまでの経緯 / 札幌地方裁判所判決 / 事件の意義


 第塞堯ヾ超法と隣接学問分野

第21章 環境経済学………有村俊秀
     経済学と環境問題 / 市場の効率性 / 市場の失敗――外部不経済 / 政策手段 / 環境権
     利の利用――排出量取引 / 各国で進む温暖化対策としての排出量取引制度 / 経済的な
     アプローチの可能性

第22章 環境社会学………柿澤宏昭
     本章で論じる内容 / 環境社会学の特徴 / 環境問題の社会学研究 / 環境共存の社会学
     研究災害と環境社会学 / 環境ガバナンスの構築に向けて

第23章 環境倫理学………交告尚史
     生態系への配慮と環境倫理学 / 欧米の環境倫理――奄美「自然の権利」訴訟の訴状から / 
     関係性理論の創造――奄美「自然の権利」訴訟の第2ステージ / ノルウェーの環境倫理
     と環境法 / 生態学的共同体の概念

環境法事件簿6 奄美「自然の権利」訴訟の価値………籠橋隆明
         アマミノクロウサギ訴訟の始まり / 事件の背景 / 「自然の権利」 / 自然保護
         思想としての「自然の権利」 / 奄美「自然の権利」と原告適格 / 沖縄ジュゴ
         ン「自然の権利」訴訟


 第刺堯ヾ超保全と被害救済

第24章 環境民事訴訟………前田陽一
     損害賠償訴訟 / 差止訴訟 / 今後の課題

第25章 環境行政訴訟………越智敏裕
     環境行政訴訟とは / 環境行政訴訟の歴史と分野 / 環境行政訴訟の形式と紛争類型 / 
     環境行政訴訟の諸課題と課題解決の方向性 / 環境行政訴訟の展望

第26章 公害紛争処理と公害被害補償………下村英嗣
     行政救済の必要性 / 環境紛争の行政的解決――公害紛争処理法 / 公害被害の行政的救
     済 / 特定原因物質に特化した救済制度――石綿救済法 / 行政救済に関する今後の課題
     と期待

環境法事件簿7 西淀川公害訴訟………村松昭夫
         大気汚染公害訴訟の経過 / 西淀川公害訴訟の経過 / 訴訟の和解内容と意義 / 
         積み重ねた貴重な成果 


 第蕊堯々餾欖超法と国内環境法

第27章 地球温暖化をめぐる国際法と日本の温暖化法制………高村ゆかり
     地球温暖化問題に対処する法の役割 / 地球温暖化をめぐる国際条約の展開 / 日本にお
     ける温暖化防止の国内法の展開 / 温暖化をめぐるEUの法制度 / 日本の温暖化法制の
     特質 / 国内法制の今後の課題

第28章 生態系保全・絶滅種保護対策………及川敬貴
     生物多様性をめぐる国際・国内制度――その増殖と相互関係 / 国際制度の発展――条約
     レジームの生成と展開 / 国内制度の発展――条約レジームと基本法の重なりと距離 / 
     基本法新時代の制度間関係――国内制度から国際制度へのフィードバック

第29章 有害廃棄物対策………鶴田 順・島村 健
     バーゼル条約採択の背景とその内容 / バーゼル条約の日本における実施のための国内
     法整備 / バーゼル法の運用の実態と問題点 / 再生可能資源貿易の潜在的汚染性と潜在
     的資源性

環境法事件簿8 鞆の浦世界遺産訴訟………日置雅晴
         提訴の背景 / 訴訟戦略と画期的な差止判決 / 公判における訴訟活動と支援の拡大

結 語 環境基本法体制――20年の歩みと展望………畠山武道
     環境基本法の10年と20年 / 環境基本法制定時の日本の環境政策 / 環境基本法体制
     10年の成果と課題 / 環境基本法体制20年の成果と課題 / 残された課題――21世紀
     の環境法制の拡充に向けて


畠山武道先生 主要著作目録 / 畠山武道先生 略歴
事項索引 / 判例索引 / 執筆者紹介


●著者紹介

盒供/(タカハシ ノブタカ)
立教大学法学部教授

亘理 格(ワタリ タダス)
北海道大学大学院法学研究科教授

北村 嘉宣(キタムラ ヨシノブ)
上智大学法学部教授



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED