トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




日本産マルハナバチ図鑑
木野田 君公・高見澤 今朝雄・伊藤 誠夫 著

判型: 四六 並製
頁数: 194
ISBN: 978-4-8329-1396-7
Cコード: C0045
発行日:2013-07-25
定価: 1,944円 (本体価格1,800円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

日本産の全種・全亜種を生態写真と新鮮な標本写真で紹介!
生態写真と新鮮な標本写真で紹介できるかぎり日本産全種・全亜種を載せたい/生態写真だけではものたりない/どんなところにどんな種類がすんでいるのかを知ってもらいたい/生態写真や全身の標本写真では種類がわかりにくいものは形態図や特徴的な部分のアップ写真があるとわかりやすい/種類を知るためだけの図鑑ではなくマルハナバチとつきあうための本にしたい/ナチュラリストから研究者までを対象とした広く深く長いおつきあいに耐えられる図鑑にしたい,こんな「夢の形」がここに結実!


[本書の特徴]
1.日本に産する5亜属15種・6亜種を収録したコンパクトながらも内容の充実した本格的な図鑑。
2.生態・生息環境写真約450枚と鮮明な標本写真約100枚を使って,日本のマルハナバチの世界をまるごと収録しました。
3.地域変異や個体変異などがひと目でわかるように,女王バチ,働きバチ,雄バチについて複数の地域標本を収録しました。
4.どこで,いつごろ見られるかなどがひと目でわかるように,水平・垂直分布,営巣場所,活動時期,給餌法など関心の高い項目については,文章と共にイラストでも表示。
5.よく似た種類については,毛の色や生え方などがひと目でわかるように写真やイラスト,比較表などを数多く使って見分ける箇所を具体的に表示しました。
6.つきあう楽しさを伝えるために,巣の発見法や発掘法,飼育法,営巣期間及びコロニーサイズなどとっておきの情報を具体的に紹介しました。
7.もっと詳しく知りたい方や研究者の方のためには,_漆按后β猟后ζ幅,∨甕鑄(マーラーエリア),Bγ唄禺辺の点刻,っ羌售霽媽畍綯爾侶曽,ジ鯣器,など各部位の形態について写真や図版を数多く使って,探求心や研究に役立てられるようにしました。
8.虫好きから専門家まで幅広く・長く・深く活用される図鑑です。
●版元から

*『Faura』41号2013年9月書評掲載
*『日本産マルハナバチ図鑑』2013年12月紹介記事掲載
*『いける本いけない本』19号【いける本】書評掲載
●目次



利用の手引き

1. 北海道産マルハナバチ一覧
2. 本州以南産マルハナバチ一覧
3. 各種の解説
   ナガマルハナバチ亜属
    ナガマルハナバチ / エゾナガマルハナバチ / トラマルハナバチ / エゾトラマルハナバチ /
    ウスリーマルハナバチ
   ユーラシアマルハナバチ亜属
    ミヤママルハナバチ / シュレンクマルハナバチ / ニセハイイロマルハナバチ / ハイイロマ
    ルハナバチ / ホンシュウハイイロマルハナバチ
   ヤドリマルハナバチ亜属
    ニッポンヤドリマルハナバチ
   コマルハナバチ亜属
    コマルハナバチ / エゾコマルハナバチ/ ツシマコマルハナバチ / ヒメマルハナバチ / アイ
    ヌヒメマルハナバチ / アカマルハナバチ
   オオマルハナバチ亜属
    オオマルハナバチ / エゾオオマルハナバチ / ノサップマルハナバチ / クロマルハナバチ / 
    セイヨオオマルハナバチ
4. よく似た種との見分け方
   北海道産エゾトラ・ミヤマ・シュレンク♀働きバチの違い
   北海道産エゾトラ・ミヤマ・シュレンク♂の違い
   北海道産ニセハイイロ・ハイイロ♀働きバチ♂の違い
   北海道産エゾコ・エゾオオ♀働き蜂の違い
   北海道産アイヌヒメ♀・エゾオオ働きバチの違い
   北海道産アイヌヒメ・エゾコ働きバチの違い
   北海道産アイヌヒメ・エゾコ♂の違い
   本州以南産ナガ・トラ・ウスリー♀働きバチ♂の違い
   本州以南産コ・オオ♀働きバチの違い
   本州以南産コ・クロ♀働きバチの違い
   本州以南産オオ・クロ♂の違い
5. 各部位の名称
6. オス(♂)とメス(♀働きバチ)の見分け方
7. 亜属の検索
8. 各部位の形態
    下唇長,体長,頭幅
    マーラーエリア ♀働きバチ♂
    側単眼周辺の点刻♀
    中脚基付節先端の形状♀働きバチ
    触角 ♀♂
    上唇♀
    交尾器♂
9. マルハナバチとは
   ハチの進化
   近縁のハチたち
   マルハナバチ族の特徴
   日本産マルハナバチの類縁関係と起源
10. マルハナバチの一生
11. 花とマルハナバチの共進化
12. マルハナバチの巣の発見法と発掘法
13. マルハナバチの飼育法
14. コロニーサイズ

主な参考文献
和名索引


●著者紹介

木野田 君公(キノタ キミヒロ)
 1960年 青森市に生まれる
 1984年 北海道大学工学部卒業
 現 在 坑井データサービス代表

高見澤 今朝雄(タカミザワ ケサオ)
 1952年 長野県佐久穂町に生まれる
 1977年 法政大学文学部卒業
 現 在 土地家屋調査士・行政書士

伊藤 誠夫(イトウ マサオ)
 1946年 札幌市に生まれる
 1969年 北海道大学理学部卒業
 現 在 総合技術学園理事,北海道大学総合博物館資料部研究員 / 理学博士



この商品をお求めの客様はこんな商品もお求めです。




北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED