トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




植物地理の自然史 ― 進化のダイナミクスにアプローチする
植田 邦彦編著

判型: A5 並製
頁数: 216
ISBN: 978-4-8329-8205-5
Cコード: C3045
発行日:2012-10-10
定価: 2,808円 (本体価格2,600円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

研究の最前線を5人の著者がわかりやすく語っている。いまホットな話題である植物進化のダイナミクスは,若い研究者の卵達に大きな関心を呼ぶものと期待できる。多くの野生植物の愛好家の方々にとっても,今見ている花々のルールを知るための待望の本である。
●版元から

本書は,少数の著者にそれぞれをわかりやすく徹底的に語っていただくことをめざして編纂しました。めくるめく進化のダイナミクスに関心をもつ若い人たちには特に読み込んでいただきたい。また,日夜植物を探求されている多くの野生植物の愛好家の方々に,是非最新の解析方法論を読んでいただきたいと思います。植物地理学への関心が少しでも高まれば編者の望外の喜びです。
 内容を簡単に紹介します。
 1章では,瀬戸内さんに琉球列島を対象に語っていただいた。大洋島である小笠原とは違い,小面積の典型的な大陸島が連なる列島での出来事は非常に興味深いものがあります。貴重な動植物の宝庫である琉球列島の植物相はどのように形成されて来たのかを豊富な例をもとに,列島の地史とからめて解き明かしていただきました。そもそも,大陸島と大洋島の概念自体,ダーウィンが提唱した本家{元の題材です。
 2章では,朝川さんに生物地理学の取り組みとしては最大の大一番であり,古くからの横綱問題でもあるゴンドワナの問題を丁寧に解説してもらいました。分断生物地理学が最もはなやかに登場したのもゴンドワナ要素の問題からです。さらにそこに分子系統解析が加わった最新の成果を御堪能下さい。少しむつかしいかもしれませんが,ぜひとも食いついていただきたいものです。
 3章では,長谷部さんに植物地理学と分子系統学の統合,すなわち系統地理学的な解析例を,古赤道分布として有名だったドクウツギ属,一見オーストラリアに起源があるかのように見えるモウセンゴケ科など食虫植物,そしてカエデ属について詳細に語ってもらいました。系統解析からどのようにして過去の生物地理的変遷が解きほぐされるのか,そのダイナミックな過程をご覧下さい。
 4章では,いがりさんに何度も訪れられた沿海州の植物を紹介していただきました。日本海要素は,日本の植物地理学における諸問題の中で,今でも非常に重たい未解決問題です。一つの方法は当然のことながら日本列島の対岸の大陸を知ることです。さまざまな歴史的な要因もあって,朝鮮半島,中国東北部から沿海州にかけての地域フロラの,日本人自身による解析は,戦後はほとんどなされていません。実際実地に植物相を丹念に観察したり,採集した人はそれほどいないのではないでしょうか。いがりさんは,その数少ない得難い人材です。阿蘇や関東平野の植物にいきなり沿海州で出くわす。その興奮を感じ取って下さい。
●目次

口 絵

序 章 植物地理学の誕生と現状………植田邦彦
 1.ウォレスとダーウィン
 2.生物地理学の誕生
 3.植物地理学
 4.植物地理学の現状

第1章 琉球列島における植物の由来と多様性の形成………瀬戸口浩彰
 1.日本列島とユーラシア大陸を陸橋でつないだ琉球の島々
 2.琉球列島での種分化・種内分化の時期
   ――陸橋が形成と分断を繰り返した時期と合っているのか?
    クサアジサイ属の種分化 / アセビ属の種分化 
 3.同一種内における遺伝構造
   ――種内の遺伝構造は,かつての陸橋の形の影響をどのように受けているのか?
    ソテツにおける葉緑体とミトコンドリアDNA多型の地理的構造 / スダジイにおける葉緑
    体とミトコンドリアDNA多型の地理的構造 / 複数の植物系統地理から想定される琉球列
    島の陸橋の形態
 4.島嶼固有の特性――交雑と遺伝子浸透
 5.植物系統地理学の知見をどのように活かすか

第2章 南半球分布型植物の分子系統地理………朝川毅守
 1.南半球において隔離分布する植物
 2.ゴンドワナ大陸の地史
 3.分子系統に基づく分子系統地理学の手法
 4.ゴンドワナ植物の分子系統地理学的研究
    ナンキョクブナ属 / シキミモドキ科 / アテロスペルマ科 / フトモモ科 / ヤマモガシ科 / 
    グンネラ属 / バオバブ属 / ナンヨウスギ科
 5.まとめと展望

第3章 被子植物の分布形成における拡散と分断………長谷部光泰
 1.生物地理学における生物区系
 2.系統樹に基づいた生物地理研究
 3.より精確な系統樹を求めて
 4.ドクウツギ
    ドクウツギ属の分布 / ドクウツギ科の系統 / ドクウツギ属の種間系統
 5.食虫植物の系統
    食虫性の進化 / モウセンゴケ属内種間の系統関係 / モウセンゴケ属の生物地理
 6.カエデ属の生物地理

第4章 沿海州の気候と植生………いがり まさし
 1.沿海州の位置と気候
 2.沿海州の植生
 3.目につく西日本との共通種
 4.沿海州に雨や雪が少ないわけ
 5.氷期の日本列島と沿海州
 6.ふたつの火山と縄文人
 7.里山はタイムカプセル
 8.変幻自在のオキナグサ
 9.カワラノギクの故郷

後書きにかえて………植田邦彦
    3冊の本 / 分類地理学との出会い / 系統地理学的研究 / 「日本海要素」の研究 / 植物地
    理学研究における標本の重要性

索 引


●著者紹介

植田 邦彦(ウエダ クニヒコ)
1952年生まれ
1981年 京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了
現 在 金沢大学自然システム学系教授 理学博士
    序章・後書きにかえて執筆
主 著 里山の自然をまもる(共著、築地書館、1993)、植物の自然史―多様性の進化学(共編
    著、北海道大学図書刊行会、1994)、高山植物の自然史―お花畑の生態学(分担執筆、
    北海道大学図書刊行会、2000)、新しい植物分類学I(分担執筆、講談社、2012)など

朝川 毅守(アサカワ タケシ)
1965年生まれ
1988年 千葉大学理学部卒業
現 在 千葉大学大学院理学研究科助教 博士(理学)
    第2章執筆

いがり まさし(イガリ マサシ)
1960年生まれ
1983年 関西学院大学文学部美学科中退
現 在 植物写真家・シンガーソングライター
    第4章執筆

瀬戸口 浩彰(セトグチ ヒロアキ)
1962年生まれ
1993年 東京大学大学院理学系研究科博士課程修了
現 在 京都大学大学院人間・環境科学研究科教授 博士(理学)
    第1章執筆

長谷部 光泰(ハセベ ミツヤス)
1963年生まれ
1991年 東京大学大学院理学系研究科博士課程中退
現 在 基礎生物学研究所教授・総合研究大学院大学教授 博士(理学)
    第3章執筆

この商品をお求めの客様はこんな商品もお求めです。




北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED