トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細



北大文学研究科ライブラリ 5
笑い力 ― 人文学でワッハッハ
千葉 惠編著

判型: 四六 並製
頁数: 218
ISBN: 978-4-8329-3377-4
Cコード: C1039
発行日:2011-03-31
定価: 1,944円 (本体価格1,800円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

本書では,文学,歴史学,社会学,心理学,思想など,様々な視点から笑いを照らし出します.ご一緒に笑いのネタや種,笑いの構造,奥の深さ,本質に至るまで迫ってみませんか.人生のいたるところに笑いが転がっていることに気づくでしょう.
●版元から

*『朝日新聞』【道内版】2011年4月29日書評掲載
●目次

はしがき

第一話 江戸はどう笑ったか………冨田康之
 一 はじめに――江戸文化を考えるヒント
 二 笑い話の方法
 三 芝居の中の笑い
 四 かつらかつら、からから、けらけらと笑ふ
 五 江戸の漫画の笑い
 六 最後に

第二話 笑いの構造――アイロニーの最大の振幅としてのユーモア………千 葉  惠
 一 はじめに
 二 笑いの一般的分析
 三 朗らかな笑い
 四 愛
 五 むすび

第三話 日本政治のマジメとワライ………川口暁弘
 一 笑い力不足のお詫びと題目変更
 二 ワライと縁遠い日本近代政治史研究
 三 マジメの世界、ワライの世界
 四 日本政治(家)のマジメ――ワライを封じた世界
 五 日本政治(家)とワライ――ワライの偏在

第四話 人並になったペットとペット並になった人………櫻井義秀
 一 はじめに
 二 葬儀の移り変わり
 三 ペットロス症候群とペット供養の未来
 四 現代人の自己愛

第五話 “Happy”と“Sad”――子どもはどう歌に託すのか?………安達真由美
 一 はじめに
 二 音楽における感情の伝達――大人の世界の場合
 三 子どもの世界における"Happy"と"Sad"
 四 おわりに

第六話 笑いの日本美術史――笑う人、笑われる人、そして絵を見る私たち………鈴木幸人
 一 笑う人々――笑いに求められたもの
 二 笑われる人々――笑いが誘うもの
 三 笑い絵――何を笑うのか
 オチ 笑いと絵画から見えるもの

第七話 呼び名・呼び方あれこれ――日中の比較文化史………高橋芳郎
 一 はじめに
 二 文化の違い
 三 親族の呼称について
 四 関連する二、三の話題

第八話 「ちりとてちん」は中国語?――中国のお笑い文芸 ………武田雅哉
 一 中国の笑い声
 二 小説のはなし
 三 長編小説の套句
 四 家庭百科事典の中の笑話
 五 落語と相声
 六 相声の構造
 七 二人転の世界
 八 イッキ飲みで国難に
 九 人類みな笑ってる
 十 ちりとてちんは中国語?


あとがき
執筆者紹介


●著者紹介

千葉 惠(チバ ケイ)
北海道大学大学院文学研究科教授。

冨田 康之(トミタ ヤスユキ)
北海道大学大学院文学研究科教授。

川口 暁弘(カワグチ アキヒロ)
北海道大学大学院文学研究科准教授。

櫻井 義秀(サクライ ヨシヒデ)
北海道大学大学院文学研究科教授。

安達 真由美(アダチ マユミ)
北海道大学大学院文学研究科准教授。

鈴木 幸人(スズキ ユキト)
北海道大学大学院文学研究科准教授。

高橋 芳郎(タカハシ ヨシロウ)
元北海道大学大学院文学研究科教授。

武田 雅哉(タケダ マサヤ)
北海道大学大学院文学研究科教授。



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED