トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




満蒙開拓青少年義勇軍史研究
白取道博著

判型: A5 上製
頁数: 272
ISBN: 978-4-8329-6687-1
Cコード: C3037
発行日:2008-02-25
定価: 5,832円 (本体価格5,400円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

本書は中国東北部を入植地として大日本帝国政府が実施した,数え年16〜19歳までの満蒙開拓青少年義勇軍に関する基本的な政策の展開過程を,膨大な資料に基づき体系的・実証的にたどったわが国で初めての労作である. 
●目次

序 章 叙述の視座
      (1)第1章「「満蒙開拓青少年義勇軍」の創設」について
      (2)第2章「「満蒙開拓青少年義勇軍」の造形」について
      (3)第3章「「満蒙開拓青少年義勇軍」の変容」について
      (4)第4章「「満蒙開拓青少年義勇軍」の解体」について
      (5)補 論「「満州建設勤労奉仕隊」に関する基礎的考察」について

第1章 「満蒙開拓青少年義勇軍」の創設
 第1節 満州農業移民政策に胚胎する青少年移民構想
      (1)満州農業移民大量送出計画の始動
      (2)「青年農民訓練所(仮称)創設要綱」の策定
 第2節 青少年移民の意匠としての「満蒙開拓青少年義勇軍」
      (1)青少年移民計画の改編
      (2)「青年移民実施要領」の策定
      (3)『満蒙開拓青少年義勇軍編成ニ関スル建白書』の意義

第2章 「満蒙開拓青少年義勇軍」の造形
 第1節 青少年移民に対する期待の肥大化
      (1)「青年義勇隊訓練所指導経営要綱」の策定
      (2)「満州開拓政策基本要綱」の策定過程における諸構想
 第2節 「満州開拓青年義勇隊訓練所」の再編
      (1)「満州開拓政策基本要綱」における諸規定の意義
      (2)「満州開拓青年義勇隊訓練所」の配置

第3章 「満蒙開拓青少年義勇軍」の変容
 第1節 募集活動の公教育への定置
      (1)応募者数の低落
      (2)募集源の転換
 第2節 「郷土部隊編成」の導入
 第3節 応募者の変容

第4章 「満蒙開拓青少年義勇軍」の解体
 第1節 労力源としての「満州開拓青年義勇隊訓練所」
 第2節 「義勇隊開拓団」の自壊
 第3節 募集・送出活動の空転

結 語

補 論 「満州建設勤労奉仕隊」に関する基礎的考察
 第1節 課題の限定
 第2節 創設過程における主要な契機について
      (1)「満州建設勤労奉仕隊要綱」の策定
      (2)「北辺振興計画」との連動
 第3節 編成形態の変化について
      (1)「興亜青年勤労報国隊」としての送出
      (2)「満州建設勤労奉仕隊」への一元化


あとがき


●著者紹介

白取 道博(シラトリ ミチヒロ)
1958年 北海道生まれ
1982年 北海道大学教育学部卒業
1990年 北海道大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学
現  在 横浜国立大学教員
編  著 『満蒙開拓青少年義勇軍関係資料』全7巻(不二出版,1993年)



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED