トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




アジアに接近するロシア ― その実態と意味
木村 汎・袴田茂樹編著

判型: A5 並製
頁数: 336
ISBN: 978-4-8329-6681-9
Cコード: C3031
発行日:2007-04-25
定価: 3,520円 (本体価格3,200円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

第1部 ヨーロッパからの離脱,アジアへの傾斜, 第2部 中国との「戦略的パートナーシップ」の実相, 第3部 対日政策の転換, 第4部 朝鮮半島,東南アジア,南アジアに対する政策,の4部からなり,現情勢下におけるロシアのアジア政策の推移と変化をテーマ別に精緻に分析. ロシアとアジアの新しい協力関係の構築をめざす!
●目次

まえがき――ロシア、アジアに急接近………木村 汎


 第1部 ヨーロッパからの離脱、アジアへの傾斜

第1章 大国主義の復活とロシアの対外政策の変化………袴田茂樹
 はじめに
 1 欧米諸国との関係の変化
 2 世論調査に見るロシア人の対外意識
 3 ウクライナのNATO加盟問題
 4 大国としてのCIS諸国への関心の高まり
 5 CIS内の2つのベクトル
 6 大国主義の復活と遠心的ベクトルへの対応
 7 「領土保全」から「自決権」へ

第2章 ロシアのアジアにおける役割――統合と深化に向けて………P・ルットランド
 はじめに
 1 ロシア国家戦略における対外経済関係の役割
 2 アジアとの経済統合
 3 エネルギーーー混迷するパイプライン構想
 4 サハリン2
 5 中国、インドへの武器輸出
 6 東南アジアへの武器輸出
 7 ロシアの国内における論争
 おわりに

第3章 プーチン政権下の「ユーラシア概念」………浜 由樹子
 はじめに
 1 「ユーラシア」概念の現在
 2 「ユーラシア主義」の教訓
 おわりに


 第2部 中国との「戦略的パートナーシップ」の実相

第4章 中ソ関係正常化交渉に関する一考察――カンボジア問題をめぐる協議を中心に………石井 明
 はじめに
 1 三大障害の除去要求――「歴史問題」優先から「現実問題」優先へのシフト
 2 第1回次官級協議
 3 第2回次官級協議
 4 第3回〜第12回次官級協議
 5 政治協議の最終段階――カンボジア問題の解決へ

第5章 中ロエネルギー協力関係――戦略的パートナーシップと相互不信のジレンマ………伊藤庄一
 はじめに
 1 中ロ関係におけるエネルギー協力の潜在性
 2 揺れ動く中ロエネルギー協力関係
 3 ロシアの対中エネルギー協力上のジレンマ
 4 エネルギー協力をめぐる中国の対ロ猜疑心
 おわりに――今後の展望と日本がとるべき道

第6章 中央アジアにおける中国ファクター………湯浅 剛
 はじめに――問題の所在
 1 上海協力機構の制度化と中国の主導制
 2 地域協力枠組みの再編と中国
 3 米中ロ三極関係のなかで
 おわりに


 第3部 対日政策の転換

第7章 プーチン政権の対日政策――8つの特徴………木村 汎
機 嵬榲」についての特徴
 1 二島返還で決着をつける
 2 日本の経済力を利用する
 3 対中国の外交カード
 4 中国の潜在的脅威に対する備え
供 峭堝依夕亜廚砲弔い討瞭団
 1 大統領の言動の不一致
 2 首尾一貫性の欠如
 3 理屈よりも力の尊重
 4 翼賛型の政策執行キャンペーン

第8章 ロシアにおける日ロ関係史の現在――「複数の歴史認識」にむけて………天野尚樹
 はじめに
 1 ソ連時代の日露戦争認識
 2 ロシア連邦の歴史教育政策
 3 教科書のなかの日露戦争
 4 日露戦争研究の現在
 おわりに――「複数の歴史認識」に向けて

第9章 現代ロシアの対日ナショナリズム――サハリン州議会の活動を中心に………安野正士
 はじめに
 1 サハリンにおけるナショナリズムの台頭
 2 サハリン州議会の運動とその過程
 おわりに――国際環境の変動と対日ナショナリズムの今後


 第4部 朝鮮半島、東南アジア、南アジアに対する政策

第10章 ロシアの朝鮮半島政策――なぜ、発言力を失ったのか?………木村 汎

第11章 ロシアの東南アジア………L・ブシンスキー
 はじめに
 1 「西欧派」コズィレフの東南アジア政策
 2 兵器輸出
 3 プリマコフの東南アジア政策
 4 プーチン政策の誕生
 5 ベトナムの重要性
 6 マレーシアが最も大事
 7 インドネシアへの兵器輸出
 8 東アジア地域主義
 おわりに――要約と将来の展望

第12章 ロシアと南アジア――パワーバランスと国境ダイナミズム………岩下明裕
 はじめに
 1 南アジアにおける米中ソの非対称性
 2 「惰性」としてのロシア外交
 3 プリマコフ「戦略的三角形」とパワーバランス
 4 国境力学の展開――パキスタンの積極的関与
 5 二つの「国際テロ事件」と上海協力機構


おわりに――ロシアと南アジア関係の展望

人名索引
事項索引


●著者紹介

木村 汎(キムラ ヒロシ)
北海道大学名誉教授 

袴田 茂樹(ハカマダ シゲキ)
青山学院大学国際政治経済学部教授

ピーター・ルットランド(Peter Rutland)
米国・Wesleyan大学教授

浜 由樹子(ハマ ユキコ)
津田塾大学学芸部助手

石井 明(イシイ アキラ)
東京大学大学院総合文化研究科教授

伊藤 庄一(イトウ ショウイチ)
環日本海研究所(ERINA)研究員

湯浅 剛(ユアサ ツヨシ)
防衛研修所研究員

天野 尚樹(アマノ ナオキ)
北海道大学スラブ研究センター大学院博士課程

安野 正士(アンノ タダシ)
上智大学比較文化学部助教授

レシェク・ブシンスキー(Leszek Buszynski)
国際大学教授

岩下 明裕(イワシタ アキヒロ)
北海道大学スラブ研究センター教授



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED