トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




北方言語叢考
池上二良著

判型: A5 上製
頁数: 298
ISBN: 978-4-8329-6481-5
Cコード: C3087
発行日:2004-11-10
定価: 5,170円 (本体価格4,700円+税)

品切れ・重版未定
売り切れ
●本書の特徴

本書は永らく北海道大学文学部言語学講座教授として教鞭をとりつつ,北方言語研究の第一人者として研究を続けてきた池上二良氏(現北海道大学名誉教授)による北方諸言語にかかわる著述をまとめたものであり,北方諸言語にまたがる概説,アイヌ語や日本語とツングース語の関係などを論じた大小18篇の論文・記事が,あらたな補訂と追記を加えて収められている。 北方諸言語・諸文化の専門家はもとより,広く言語や北方文化に関心をもつ読者にとってもきわめて興味深い内容を含んでいる。とりわけアイヌ語を含む北方諸言語を独自の浩瀚な視点から取りあげ,随所で日本語との関係にも言及している点で類書を見ない。
●目次

まえがき 
第1部 北方言語の諸問題
 1. 北方諸言語に寄せて 
 2. 東北アジアの土着言語とその分布 
 3. 北アジア言語の動詞の構造と格支配
  ― 動作対象の表示に関して
 4.ツングース語学入門 付録:ツングース語の辞書 
 5.北方言語の調査 
  (1)北方言語の研究 
  (2)レニングラードで北方言語の調査研究を行なって
  (3)北方少数民族の言語 
第2部 アルタイ諸語
 6.アルタイ語系統論 
第3部 アイヌ語との関係
 7.アイヌ語の輪郭 8.アイヌ語系統論  
 9.アイヌ語のイナウの語の由来に関する小考
    ― ウイルタ語のillauの語原にふれて  
 10.アイヌ語の大陸語的要素 
 11.十九世紀の樺太西部の住民について 
第4部 日本語との関係
 12.日本語の名詞語根にあらわれる
 一種の母音交替の由来について
 13.北方言語と日本語の古層
 ― 日本語とツングース語の関係の探索  
 14.ことばの上からみた東北アジアと日本 
 15.日本語・北の言語間の単語借用 
●著者紹介

池上 二良(イケガミ ジロウ)
1920年 長野県に生まれる
東京帝国大学文学部言語学科卒業
北海道大学文学部教授を経て同大名誉教授



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED