トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細



北海道大学大学院文学研究科研究叢書 6
環オホーツク海古代文化の研究
菊池俊彦著

判型: A5 上製
頁数: 300
ISBN: 978-4-8329-6451-8
Cコード: C3022
発行日:2004-03-25
定価: 5,170円 (本体価格4,700円+税)

品切れ・重版未定
売り切れ
●本書の特徴

唐の都長安を訪れた流鬼国の朝貢使節は貢物として何を持って行ったのか。その国の北方にあるという夜叉国とはどこなのか。唐代に中国東北の貢納品として記録されたセイウチの牙はどこからもたらされたのか。広範に展開した交流と交易を軸に、環オホーツク海の諸民族の歴史と文化を解明する。
●目次

第吃堯ヾ張ホーツク海の古代文化
 第1章 コリャーク地方の考古学研究史
 第2章 オホーツク海北西岸の初期鉄器時代の遺跡
 第3章 夜叉国へ至る道−7世紀の北東アジアの歴史と地理−
 第4章 サハリンの鈴谷式土器
 第5章 カムチャツカ半島リャブーヒナ遺跡の骨角器
第局堯ヾ張ホーツク海の交易
 第1章 北辺からの朝貢使節
 第2章 環オホーツク海とオホーツク文化人
 第3章 環オホーツク海のセイウチの牙交易
 第4章 中国史料から見た環オホーツク海交易
 第5章 オホーツク文化の青銅製小鐸
第敬堯ヾ張ホーツク海古代文化研究の展開
 第1章 ヴァシーリエフスキーのコリャーク民族の古代文化研究
 第2章 ヂーコヴァの南カムチャツカの古代文化研究
 第3章 ヴァシーリエフスキーとゴールベフのサハリンの古代文化研究
 第4章 デレヴャーンコのアムール河中流域の靺鞨の遺跡の研究
 第5章 ヂャーコヴァの中世初期のロシア極東の土器の研究
●著者紹介

菊池 俊彦(キクチ トシヒコ)
1943年 群馬県伊勢崎市に生まれる
1967年 北海道大学文学部史学科(東洋史学)卒業
同  年 北海道大学文学部助手(北方文化研究施設考古学部門)
1978年 北海道大学文学部助教授(一般教育歴史学)
1991年 北海道大学文学部教授(総合文化論講座東洋文化史)
1995年 同上(東洋史学講座)
2000年 北海道大学大学院文学研究科教授(東洋史学講座)、現在に至る
博士(文学、北海道大学)、第10回濱田青陵賞受賞(1997年)
主 著 『北東アジア古代文化の研究』(北海道大学図書刊行会、1995年)
     「北方世界とロシアの進出」(『岩波講座世界歴史』13、岩波書店、1998年) など。



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED