トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細



北海道大学大学院文学研究科研究叢書  4
海音と近松 ― その表現と趣向
冨田康之著

判型: A5 上製
頁数: 298
ISBN: 978-4-8329-6421-1
Cコード: C3095
発行日:2004-03-05
定価: 6,600円 (本体価格6,000円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

近松と同時期に活躍しながら,近松に劣ると評価されてきた浄瑠璃作者・紀海音。本書では「わかりやすさ」という近松とは別の基準で海音を評価し,両者の作品構造,趣向の特徴を検討。近松の優位性ではなく,二人それぞれの独自性を明らかにする。海音の謡曲・『伊勢物語』和歌利用一覧を収録。
●目次

第1章 海音の時代物
 第1節 海音の趣向の整理
 第2節 海音の「場」と趣向
 第3節 海音と『伊勢物語』の和歌
  附 『伊勢物語』和歌利用一覧
 第4節 海音と謡曲
  附 謡曲利用一覧
 第5節 『曽我姿冨士』考−近松の曽我物との関わりを中心に−
第2章 海音の世話物
 第1節 『なんば橋心中』論
 第2節 『八百やお七』論
 第3節 世話浄瑠璃「三部作」考−<滅罪>の構想をめぐって−
第3章 近松の浄瑠璃
 第1節 時代物浄瑠璃の発想を巡って−曽我物を中心として−
 第2節 『冥途の飛脚』考−封印切の背景−
 第3節 『心中天の網島』考−「意見」と背景−
●著者紹介

冨田 康之(トミタ ヤスユキ)
1958年 名古屋生まれ
1987年 名古屋大学大学院博士課程後期課程単位取得満期退学
    名古屋女子大学助教授を経て,
現 在 北海道大学大学院教授。博士(文学)



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED