トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細



札幌学院大学選書  4
脳障害者の心理療法 ― 病識回復の試み
小山充道著

判型: A5 上製
頁数: 262
ISBN: 978-4-8329-5551-6
Cコード: C3011
発行日:1992-09-25
定価: 4,950円 (本体価格4,500円+税)

品切れ・重版未定
売り切れ
●本書の特徴

病識とその獲得が治療の契機となるプロセスの解明を目指し,数百もの臨床例の中から症状と治療活動の関連をまとめた労作.治療の分野において先行する研究のなかった,“患者に学ぶ”臨床心理学が提示される.
●目次

序  章  対話の意味
   1  医療における心理的ふれあい
   2  病気における心理的役割について
第 1章  病識に影響をおよぼす脳障害者の自己意識
   1  脳障害者は自分をどうみるか
   2  症例の検討
第 2章  「気づき」の語義の問題と,人間主義的アプローチにおける病理観
   1  心理臨床における「気づき」
第 3章  病識の心理臨床的視点
   1  「気づき」を支える概念的枠組み―「I」と「me」からの把握
   2  患者−治療者間の意識の主体・被主体の関係
   3  脳障害者における意識の主体・被主体の関係
   4  治療的指標としての「病識段階」
第 4章  リハビリテーションの視点からの心理療法
   1  職業カウンセリングと治療カウンセリング
   2  リハビリテーション心理臨床について
   3  治療カウンセリング
   4  個人カウンセリングの枠組み
   5  前病識で停滞を示した脳障害児の心理療法の実際―病態失認の回復過程に関する研究
第 5章  病識障害に対する心理治療の組織化
   1  病態失認と疾病否認
   2  相貌失認をともなう重度の病態失認症例
   3  痴呆患者に対する病識回復訓練の適用
   4  書字応答からみた病識回復例
   5  心の足場としての「見当識―いま,ここで」
第 6章  本研究における治療セッティング―心理治療の枠組みとしての「病識段階」
●著者紹介

小山 充道(コヤマ ミツト)
札幌学院大学人文学部人間科学科助教授.臨床心理学専攻.
主要著書:
障害児の感覚運動指導(共著,学苑社,1982)
脳障害者の心理臨床―病める心のリハビリテーション(学苑社,1985)
心理学(共著,培風館,1985)
論理療法に学ぶ―アルバート・エリスとともに(共著,川島書店,1989)
病の心理学―医療カウンセリングへのいざない(学苑社,1989)

この商品をお求めの客様はこんな商品もお求めです。




北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED