トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細



北大選書 11
食中毒の話
飯田広夫著

判型: B6 並製
頁数: 166
ISBN: 978-4-8329-2111-5
Cコード: C1347
発行日:1982-10-25
定価: 1,100円 (本体価格1,000円+税)

品切れ・重版未定
売り切れ
●本書の特徴

季節ともなれば新聞を賑わす“食中毒”であるが,なまもの好きの日本人はなかなか因縁が断ち切れない.発見の歴史に始まり,症状から予防に至るまで,細菌を原因とする食中毒の全貌を,我国最初のボツリヌス菌の発見をはじめ,著者の体験を交えた豊富な具体例で紹介する.
●目次

第 1章  ある体験―岩内のいずし中毒
第 2章  食中毒とは
第 3章  サルモネラ食中毒
第 4章  ボツリヌス中毒
第 5章  ブドウ球菌による食中毒
第 6章  ウェルシュ菌による食中毒
第 7章  腸炎ビブリオによる食中毒
第 8章  その他の菌による食中毒
●著者紹介

飯田 広夫(イイダ ヒロオ)
北海道大学医学部教授.
主要著書:
細菌学 (金原出版)
ウイルス学 (金原出版)
免疫学を学ぶ人のために (金原出版)
微生物学入門 (理工学社)
感染症 (理工学社)
西洋医学史 (金原出版)



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED