トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細



楡文叢書 3
万葉集羈旅歌論
関谷由一著

判型: A5 上製
頁数: 334
ISBN: 978-4-8329-6872-1
Cコード: C3095
発行日:2021-03-31
定価: 7,700円 (本体価格7,000円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●目次

凡 例

はじめに──旅の歌の形成過程とその結果を考える
 1 本書を読む前に──万葉集について
 2 本書の意図

序 章 研究史をたどって──旅の歌の誕生と発想様式
 1−1 旅の歌の類型をめぐる先行論(1)──大濱論
 1―2 旅の歌の類型をめぐる先行論(2)──伊藤論
 1−3 旅の歌の類型をめぐる先行論(3)──神野志論
 2 近年の論──羈旅信仰論への疑問
 3 残された課題──万葉における「家」や「旅」をどう理解するか
 4 万葉人にとっての大和・都を〈故郷〉とみなすことの問題
 5 日本の古代和歌における〈公〉と〈私〉
 6 本書の構成と問題意識


 第一部 旅の歌における「家」と「妹」

第一章 旅の歌における共感関係の淵源──〈留守歌〉考
 1 なぜ〈留守歌〉か
 2 旅の安全を祈るために詠まれたのか
 3 留まる者が「らむ」と思い遣る意味
 4 〈留守歌〉における同行希望と羨望の要素
 5 〈留守歌〉における讃美的要素
 6 おわりに──旅の歌における〈共感関係〉の淵源と展開

第二章 「家」の表現性の再検討──「家もあらなくに」と遍在する「家」
 1 「家」=〈家郷〉という把握の問題と、奥麻呂の歌
 2 「家もあらなくに」の問題点
 3 「家」の表現性の基盤──一定期間住む居宅としての本質とその遍在性
 4 「家もあらなくに」は「自分の住む家を離れていること」か
 5 おわりに──共有された仮構としての〈家の妹〉

第三章 山上憶良「日本挽歌」の「家」「国内」について
 1 当該歌の解釈をめぐる問題
 2 長歌と反歌気痢峅函
 3 長歌「大君の遠の朝廷としらぬひ筑紫の国に泣く子なす慕ひ来まして」
 4 反歌掘屬△鬚砲茲掘々馥發海箸瓦函仝せましものを」
 5 おわりに

第四章 相聞から望郷へ──巻四・509・510番歌考
 1 はじめに
 2 当該歌の和歌史的意義と表現の特徴
 3 当該長反歌の「妹」は自宅で待つ妻か
 4 長歌の表現の問題
 5 反歌の理解
 6 当該歌における「妹」との別離の意味
 7 おわりに


 第二部 羈旅歌論

第五章 羈旅歌とは何か──大伴卿製湘の「悲傷羈旅」歌考
 1 はじめに──羈旅歌をどう論じるか
 2 大伴卿製湘の「悲傷羈旅」歌の問題点
 3 「悲傷羈旅」歌の解釈
 4 〈移動〉の主題化と漢語「羈旅」
 5 おわりに──「羈旅」の思いとは如何なるものか

第六章 〈羈旅〉主題化の始発──柿本人麻呂「羈旅歌八首」考
 1 はじめに──〈羈旅〉をうたうということ
 2 移動表現と「大和島」の表象──参里硫鮗
 3 〈羈旅〉の多様な局面をうたう──機銑慌里硫鮗
 4 「家のあたり見ず」とうたうことの意味──此↓鴫里硫鮗
 5 おわりに──人麻呂「羈旅歌八首」の表現史的位置

第七章 高市黒人歌の方法(1)──「棚無小舟」の象徴性
 1 黒人歌の「寂寥」をめぐって
 2 黒人歌の同時代性──文武朝行幸従駕歌における美景意識との関わり
 3 「棚無小舟」の象徴性の検証
 4 去り行くものをうたう──送り出す者の視点を借りること

第八章 高市黒人歌の方法(2)──黒人「羈旅歌八首」の同時代性と独自性
 1 黒人評の相対化のために
 2 八首の描く〈羈旅〉の枠組みと参率;[垢函勸榮亜咾両播晴
 3 黒人歌の同時代性──黒人歌は〈憂愁〉を主題とするか
 4 黒人歌における独自性の片鱗──今・ここを超えて想像を及ぼす
 5 おわりに

第九章 部類歌巻における〈羈旅〉像──巻七「羈旅作」考
 1 巻七・羈旅作の問題
 2 巻七雑歌部における羈旅作の位置──畿外にあること、海との関わり
 3 羈旅作全体をどのように見るべきか
 4 描かれる〈羈旅〉像──畿外諸国を移動することとその感慨
 5 おわりに──巻七・羈旅作の描き出すものとその表現史的位置

終 章 旅の歌における「家の妹」と羈旅歌の意義
 1 旅の歌と土着の抒情
 2 旅の歌における「家」と「妹」の意義
 3 羈旅歌の意義
 4 その後の羈旅歌
 5 本書のおわりに


初出一覧
あとがき
万葉和歌索引
書名索引
人名索引


●著者紹介

関谷 由一(セキヤ ユイチ)
1984年東京都生まれ。1993年より北海道在住。
2016年北海道大学大学院博士後期課程修了。博士(文学)。
2021年3月現在、旭川工業高等専門学校非常勤講師。

■論文(本書収載のもの以外)
「道ゆきふりにことやつてまし──躬恒歌における擬人法と「複数の主題」をめぐって──」(『古代中世国文学』25、2010年5月)
「駆落ちできない男──想像力を育む教材としての『伊勢物語』第六段「芥川」の取り扱い──」(『国語論集』17、2020年3月)



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED