トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細



北海道大学大学院文学研究院研究叢書 31
古代キリスト教研究論集
戸田 聡著

判型: A5 上製
頁数: 312
ISBN: 978-4-8329-6866-0
Cコード: C3016
発行日:2021-03-25
定価: 7,700円 (本体価格7,000円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

新約聖書で最初にできたのは『マルコ福音書』ではなく『マタイ福音書』である;仮説の「Q資料」など存在しない;1945年発見の外典『トマス福音書』の原語は?などなど―通説への挑戦の書がここに誕生! 『トマス福音書』新訳を収録。
●目次

 第1部 聖書(旧約・新約)とその周辺

第1章 共観福音書問題のための覚書
 1 はじめに
 2 ルカは自分の福音書を書く際に何を手にしていたか?
 3 使徒パウロは何に拠ってイエスの言行を知ったか?
 4 共観福音書問題の検討
 5 結 論

第2章 『トマスによる福音書』における弟子イメージ
 1 はじめに
 2 分 析
 3 終わりに

第3章 聖書解釈をめぐる若干の考察
 1 はじめに
 2 「賢い」蛇?(創世記3章)
 3 論争の天才イエス、自分の言葉に足を掬われる(マタイ15章)
 4 故郷で神の国を宣べ伝える(ルカ9章)
 5 終わりに

第4章 巨大な地下迷宮?──ディアテッサロン再論
 1 はじめに
 2 ディアテッサロンの西方伝承?
 3 ディアテッサロンの東方伝承
 4 ディアテッサロンの著作(編纂)原語
 5 結 論

第5章 『エウセビオスのカノン』に見る福音書理解
 1 『エウセビオスのカノン』に関するこれまでの研究
 2 検 討
 3 終わりに

第6章 【翻訳】『トマスによる福音書』
『トマスによる福音書』

第7章 『トマスによる福音書』をめぐる諸問題
 1 はじめに
 2 『トマス』の著作原語
 3 『トマス』の著作年代、或いは『トマス』と共観福音書の関係
 4 『トマス』の傾向性、そして再び著作年代
 5 結 論

第8章 福音書正典/外典に見るイエス像──古典としての聖書
 1 はじめに
 2 福音書正典/外典に見るイエス像
 3 結びに代えて
【補論】メシア(キリスト)に対するイエス自身の関心のありようについて

【書評】秦剛平/守屋彰夫編『古代世界におけるモーセ五書の伝承』
【書評】田川建三訳著『新約聖書 訳と註』


 第2部 古代キリスト教

第1章 最初期のキリスト教をどう理解するか──Daniélouの所説の射程
 1 はじめに
 2 Jean Daniélou(1905-1974)
 3 最初期のキリスト教に関するDaniélouの所説
 4 ユダヤ的キリスト教に関するDaniélouの所説の問題点
 5 ユダヤ的キリスト教以前の段階に関するDaniélouの議論
 6 終わりに──Daniélouの議論をどう評価するか?

第2章 いわゆる「キリスト教のギリシア化」をめぐって
 1 「キリスト教のギリシア化」という問題
 2 「キリスト教のギリシア化」にはどういう意味がありうるか?
 3 「キリスト教のギリシア化」の到達点
 4 何が「キリスト教のギリシア化」の展開を決定づけたか?
 5 終わりに

第3章 初期キリスト教と聖書翻訳
 1 はじめに
 2 シリア語訳
 3 コプト語訳
 4 アルメニア語訳
 5 グルジア語訳
 6 エチオピア語訳
 7 終わりに──聖書のアラビア語訳をめぐって

【書評】マルクシース『グノーシス』
【書評】POUDERON, Les apologistes grecs du IIe siecle
【書評】グニルカ『コーランの中のキリスト教』


初出一覧
あとがき
研究者人名索引


●著者紹介

戸田 聡(トダ サトシ)
北九州市に生まれる。東京大学経済学部卒。中小企業金融公庫(当時)勤務ののち、一橋大学大学院に進学、同中退。ベルギー・ルーヴァンカトリック大学(フランス語圏)に留学し、同哲学・文学部東洋学研究所(当時)に在籍、1999年同特別学士課程修了。2003年オランダ・ライデン大学文学部(当時)博士課程に転籍、2006年同大学から文学博士号(doctor litterarum)を授与される。
専門は古代キリスト教史、東方キリスト教文学。
諸大学での非常勤講師等を経て2013年4月から北海道大学大学院文学研究科(現・文学研究院)准教授、現在に至る。

著書:『キリスト教修道制の成立』(創文社、2008年)、Vie de S. Macaire l'Egyptien(Gorgias Press、2012年)、『砂漠に引きこもった人々 キリスト教聖人伝選集』(編訳。教文館、2016年)、伊藤邦武・山内志朗・中島隆博・納富信留編『世界哲学史2』(ちくま新書、筑摩書房、2020年。第3章「キリスト教の成立」を執筆)
訳書:A.H.M.ジョーンズ『ヨーロッパの改宗─コンスタンティヌス《大帝》の生涯─』(教文館、2008年)、P. ブラウン『貧者を愛する者─古代末期におけるキリスト教的慈善の誕生─』(慶應義塾大学出版会、2012年)、H.-G.ベック『ビザンツ世界論─ビザンツの千年─』(知泉書館、2014年)、M. ヴェーバー『宗教社会学論集 第1巻上』(北海道大学出版会、2019年)他。



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED