トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




数学的真理の迷宮 ― 懐疑主義との格闘
佐々木 力著

判型: 四六 上製
頁数: 286
ISBN: 978-4-8329-8238-3
Cコード: C3041
発行日:2020-12-10
定価: 4,950円 (本体価格4,500円+税)

未刊・予約受付中
●本書の特徴

歴史的数学哲学の挑戦!

数学的知識はどのように成り立っているのか。 数学的真理と自然科学的真理を分かつものは何か。 数学に革命はあるのか。 『不思議の国のアリス』の数学観から始まり、 古代ギリシャから現代への懐疑主義思想との格闘をたどって、 これらの根源的問いに答えんとする。
●目次

序 文
序 論 数学史のなかのルイス・キャロル


 第吃堯/人という迷宮――数学と懐疑主義

第1章 ルイス・キャロルの無垢の幸福――数学的真理の絶対性という神話
第2章 ヴォワイヤン・パスカルの洞見――人間的知識の栄光と悲惨
第3章 「何も知られないこと」――懐疑主義者の数学的理性批判
第4章 「われ惟う、ゆえにわれあり」――デカルトの懐疑主義者への回答
第5章 「可能世界」というものの考え方――数学的真理のライプニッツ的救済
中間考察 基礎づけのない多様な数学的知識――ウィトゲンシュタインにとっての数学的真理


 第局堯仝殿絅リシャにおける理論数学の成立と数学革命論

第6章 エウクレイデース公理論数学と懐疑主義――サボー説の改訂
第7章 数学における革命とはどういうものか?
    ――トーマス・S・クーンの科学哲学の光のものとでみた数学的真理


初出覚書
人名索引
事項索引


●著者紹介

佐々木 力(ササキ チカラ)
1947年生まれ
東北大学理学部および同大学院で数学を学んだあと、プリンストン大学大学院でトーマス・S・クーン、マイケル・S・マホーニィらに科学史・科学哲学を学び、Ph.D.(歴史学)。
数学史家。
著作に『二十世紀数学思想 新装版』(みすず書房)などがある。




北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED