トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




ことわざ比較の文化社会学 ― 日英仏の民衆知表現
金子 勇著

判型: 四六 並製
頁数: 228
ISBN: 978-4-8329-3409-2
Cコード: C1036
発行日:2020-10-25
定価: 3,300円 (本体価格3,000円+税)

未刊・予約受付中
●本書の特徴

これからの「少子化する高齢社会」に活かせる知恵をどう受け継ぐか
110のことわざに示される民衆知を比較社会学の視点から読み解く

「三人寄れば文殊の知恵」はリーダーシップ――よりよい決定を求め、日本では3人、英仏では2人で知恵を絞る?
「二足の草鞋を履く」は新しい働き方のスタイル――少子化する高齢社会で活かせる?
●目次

●110のことわざの後のアステリスクの意味は次の通りである。
   * 日本語,英語,仏語でそれぞれ単語と表現が異なる
  ** 日英,日仏,英仏2か国語で同じ単語と表現がある
 *** 日英仏語とも同じ単語と表現である


はじめに
凡 例

序 立体的な比較社会文化研究をめざして

《あ 行》
 1.悪銭身に付かず*
 2.羹[あつもの]に懲りてなますを吹く*
 3.あばたもえくぼ***
 4.有難迷惑*
 5.案ずるより産むがやすし*
 6.一羽の燕で夏は来ない***
 7.一石二鳥***
 8.犬も歩けば棒に当たる**
 9.氏[うじ]より育ち***
 10.疑うは知恵の始まり***
 11.馬の耳に念仏**
 12.驕[おご]る平家は久しからず*
 13.遅くてもしないよりまし***
 14.鬼の居ぬ間に洗濯**
 15.溺[おぼ]れる者は藁[わら]をもつかむ***
 16.思う念力岩をも通す*
 17.終わりよければすべてよし***
 18.温故知新***
 19.女心と秋の空***

《か 行》
 20.稼ぎに追いつく貧乏なし*
 21.我田引水**
 22.禍福は糾[あざな]える縄の如し*
 23.壁に耳あり***
 24.亀の甲より年の劫(功)*
 25.枯れ木も山の賑わい**
 26.彼はもう下り坂だ***
 27.かわいい子には旅をさせよ*
 28.聞いて極楽,見て地獄*
 29.今日できることを明日まで延ばすな***
 30.木を見て森を見ず**
 31.苦あれば楽あり***
 32.空理空論***
 33.腐っても鯛*
 34.口は災いのもと***
 35.鶏口となるも牛後となるなかれ**
 36.継続は力なり**
 37.下[げ]司[す]のあと知恵*
 38.賢者は一を聞いて十を知る***
 39.郷に入っては郷に従え***
 40.弘法も筆の誤り**
 41.虎穴に入らずんば虎子を得ず*
 42.この父にして,この息子あり***
 43.転ばぬ先の杖**

《さ 行》
 44.先んずれば,人を制す***
 45.去る者は日々に疎[うと]し**
 46.三十六計逃げるに如かず*
 47.三度目の正直***
 48.三人寄れば文殊の知恵**
 49.静かな川は深い**
 50.死人に口なし***
 51.釈迦に説法*
 52.習慣は第二の天性である***
 53.十人十色***
 54.朱に交われば,赤くなる*
 55.正直者はバカを見る**
 56.小人閑居して不善をなす*
 57.知らぬが仏*
 58.針小棒大*
 59.人事を尽くして天命を待つ**
 60.過ぎたるは猶[なお]及ばざるが如し*
 61.精神一到何事か成らざらん*
 62.背に腹は代えられない*
 63.船頭多くして船山に登る*
 64.前途有望**

《た 行》
 65.大山鳴動して鼠一匹**
 66.他山の石*
 67.棚からぼたもち*
 68.塵も積もれば山となる*
 69.鉄は熱いうちに打て***
 70.灯台もと暗し*
 71.遠くの親せきより近くの他人***
 72.時は金なり***
 73.泥棒にも三分の理あり*

《な 行》
 74.七転[ころ]び八起き*
 75.習うより慣れよ*
 76.二足の草鞋[わらじ]を履く*
 77.二進[にっち]も三進[さっち]もいかない**
 78.二度あることは三度ある**
 79.二度考えるのが最良**
 80.盗人を捕らえて縄をなう*
 81.喉[のど]元[もと]過ぎれば熱さ忘れる*

《は 行》
 82.馬鹿とはさみは使いよう**
 83.馬鹿に付ける薬はない**
 84.馬鹿は死ななきゃ直らない***
 85.花より団子*
 86.早起きは三文の徳*
 87.必要は発明の母***
 88.人の噂も七十五日*
 89.火のない所に煙は立たぬ***
 90.覆水盆に返らず**
 91.不言実行***
 92.不幸は重なって起きるもの**
 93.下手な薬はかえって毒**
 94.骨折り損のくたびれ儲け*

《ま 行》
 95.馬[ま]子[ご]にも衣裳*
 96.待てば海[かい]路[ろ]の日和あり**
 97.見ざる,聞かざる,言わざる***
 98.三日坊主*
 99.三つ子の魂百まで*
 100.無駄をしなければ不自由しない*
 101.無知は諸悪の根源**
 102.無より有を生ぜず*
 103.無理が通れば道理が引っ込む*
 104.目には目を,歯には歯を***
 105.餅は餅屋*

《や 行》
 106.安物買いの銭失い*
 107.やぶへび*
 108.油断大敵*

《ら 行》
 109.良薬は口に苦し**
 110.論より証拠**


おわりに
参照文献


●著者紹介

金子 勇(カネコ イサム)
1949年 福岡県生まれ
1977年 九州大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学
現在 北海道大学名誉教授 文学博士(九州大学,1993年)
   第1回日本計画行政学会賞(1989年),第14回日本都市学会賞(1994年)

【著書】
『コミュニティの社会理論』アカデミア出版会,1982年
『都市高齢社会と地域福祉』ミネルヴァ書房,1993年
『都市の少子社会』東京大学出版会,2003年
『少子化する高齢社会』日本放送出版協会,2006年
『コミュニティの創造的探究』新曜社,2011年
『日本のアクティブエイジング』北海道大学出版会,2014年
『「地方創生と消滅」の社会学』ミネルヴァ書房,2016年
『日本の子育て共同参画社会』ミネルヴァ書房,2016年
『社会学の問題解決力』ミネルヴァ書房,2018年
『「抜け殻家族」が生む児童虐待』ミネルヴァ書房,2020年

【共著】
『マクロ社会学』新曜社,1993年

【編著】
『高田保馬リカバリー』ミネルヴァ書房,2003年
『変動のマクロ社会学』ミネルヴァ書房,2019年



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED