トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




ドイツ観念論における「自律思想」の展開
田村一郎著

判型: A5 上製
頁数: 348
ISBN: 978-4-8329-5331-4
Cコード: C3010
発行日:1989-01-25
定価: 4,950円 (本体価格4,500円+税)

品切れ・重版未定
売り切れ
●本書の特徴

ドイツ観念論を貫く,”内なる「ア・プリオリな原理」による人間の「自律性」の基礎づけ” を「自律思想」として位置付け,その流れを考究した労作.たんなる「論理」を超えた「心根」から思想を理解すべく,社会・文化状況までも射程に入れて検討を加える.
●目次

●序  論  ドイツ観念論と「自律思想」
1  「時代の子」としての思索
2  「ドイツの惨めさ」
3  「ドイツ観念論」とは
4  「自律思想」とは
5  「自律思想」重視の理由
6  ドイツでの「自律」観の伝統

●第 1編  カント
○第 1章  カントにおける「自律」の問題と「コペルニクス的転回」
第 1節  『純粋理性批判』における「自律思想」の展開
第 2節  『実践理性批判』への展望―「理念」の内容と意味の転換を手がかりに
第 3節  デカルトによる「意志作用」の概念の導入
○第 2章  「自律」への「啓蒙」
第 1節  「病める」時代と「啓蒙」
第 2節  カントの時代の「病的」状況
第 3節  カントの「自律」観の推移
第 4節  カントの「啓蒙」観の推移
第 5節  「道徳性」への期待と「類的視点」
○第 3章  カントとルソー―「自律思想」の一形成史として
第 1節  ルソーとカントとのかかわりについての諸説
第 2節  カントの叙述からの検討(その1)―ルソーの名の出てくる箇所を中心に
第 3節  カントの叙述からの検討(その2)―「『美と崇高の感情についての考察』への覚え書」を中心に

●第 2編  フィヒテ
○はじめに―なぜ Tathandlung か
○第 1章  Tathandlung とはなにか
第 1節  Tathandlung の意味
第 2節  Tathandlung の内容
第 3節  「三原則」としての展開
○第 2章  「実践」理解の転換
第 1節  「統覚」とTathandlung
第 2節  「実践」理解の拡大

●第 3編  ヘーゲル
○第 1章  ヘーゲルにおける「自由」観の構造
第 1節  ドイツ観念論の中心テーマと共通前提
第 2節  「ア・プリオリな原理」の絶対視と自由
第 3節  ヘーゲルの「自由」観
○第 2章  ヘーゲルの「自由」観とルター
第 1節  ヘーゲルの「自由」観の源泉
第 2節  ルターの「自由」観
第 3節  ヘーゲルのルター,プロテスタンティズム解釈と「自律」
●著者紹介

田村 一郎(タムラ イチロウ)
鳴門教育大学教授
主要著書:
宇都宮芳明編 「西洋倫理思想―その歴史と形態」 (共著,弘文堂)
熊谷直男編 「哲学的思索の歩み」 (共著,学術出版)
主要訳書:
G. リヒトハイム 「マルク主義―歴史的・批判的分析」 (共訳,みすず書房)
B. ヴィルムス 「全体的自由―フィヒテの政治哲学」 (共訳,木鐸)



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED