トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




生態学からみた北海道
東 正剛・阿部 永・辻井達一編

判型: B5 上製
頁数: 400
ISBN: 978-4-8329-9441-6
Cコード: C3045
発行日:1993-06-25
定価: 13,200円 (本体価格12,000円+税)

品切れ・重版未定
売り切れ
●本書の特徴

生態学上最も恵まれたフィールドである北海道,ここを舞台に活躍する35名の気鋭が結集してその全容を紹介する大作.進化から群集まで,北海道における生態学研究の到達点を集約する基本図書.
●目次

第吃堯)務て擦涼六
第 1章  花粉分析からみた北海道の環境変遷史

第局堯)務て擦凌∪
第 1章  北海道の森と植物―針広混交林のフロラと生態
第 2章  北海道の湿原
第 3章  海岸草原
第 4章  高山植物と高山帯

第敬堯)務て擦凌∧生態
第 1章  葉の寿命の生態学―常緑性と落葉性
第 2章  オオバナノエンレイソウの長い旅
第 3章  植物の生活と数学モデル
第 4章  マリモはなぜ丸いのか
第 5章  「攪乱」が針広混交林を発達させる
第 6章  ブナ林の果て
第 7章  エゾマツ,トドマツ林の構成と更新生態
第 8章  アカエゾマツ林と北海道
第 9章  北方林の樹冠フラクタル
第10章  北半球中緯度のシダ葉形が語る2つのロマン
第11章  光合成特性からみた落葉広葉樹林

第孤堯)務て擦瞭以相
第 1章  哺乳類相とその分布
第 2章  鳥類相とその分布
第 3章  爬虫類・両生類相とその分布
第 4章  淡水魚類の分布と生態
第 5章  無脊椎動物―淡水かいあし類を例として

第紘堯)務て擦瞭以生態
第 1章  エゾヒグマは肉食獣か?―秘められた食生態をさぐる
第 2章  シカが食性をかえる―洞爺湖中島の例
第 3章  キタキツネ―その繁栄要因と人間社会
第 4章  エゾなきウサギの生活を追って
第 5章  シマリスはなぜ冬眠するのか
第 6章  タンチョウの昨日,今日,明日
第 7章  シマフクロウの生態―ある家族の5年間
第 8章  コシジロウミツバメはなぜ月明りをさけるのか
第 9章  アブラムシの複雑な生活史はどのように進化してきたのか
第10章  性比理論と雪虫の性比
第11章  食葉性テントウムシのおける独占と共存のメカニズム
第12章  ハンノキスイコバネとマイマイガの一見不合理な産卵場所選択
●著者紹介

東 正剛(ヒガシ セイゴウ)
北海道大学大学院地球環境科学研究科教授.主要著書:Ant-Plant Interactions (分担執筆,Oxford Univ. Press).社会性昆虫の進化生態学 (共編,海游舎).昆虫社会の進化 (分担執筆,博品社).

阿部 永(アベ ヒサシ)
北海道大学農学部教授.主要著書:応用動物学実験法 (分担執筆,全国農村教育協会).現代哺乳類学 (分担執筆,朝倉書店).

辻井 達一(ツジイ タツイチ)
北星学園大学教授.主要著書:湿原 (中央公論社).北海道の湿原 (共編,北海道大学図書刊行会).北海道の花  (共著,北海道大学図書刊行会).



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED