トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




アメリカの国有地法と環境保全
鈴木 光著

判型: A5 上製
頁数: 426
ISBN: 978-4-8329-6675-8
Cコード: C3032
発行日:2007-06-25
定価: 6,160円 (本体価格5,600円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

合衆国の建国から1970年代までの国有地管理政策につき、環境保全思想の変化とそれが国有地管理法制度・政策、国有地管理行政機関の活動に与えた影響を、主に法制度の変遷に注目しながら制度史的に分析・解明。今後の日本の環境保全政策を考えるうえで大きな示唆を与える。
●目次

序 章 国有地管理の現況と環境保全
      1 はじめに
      2 合衆国国有地の現況
      3 本書の視座
      4 本書の概要

第1章 パブリック・ドメインの獲得と処分(建国−1880年代)
 第1節 パブリック・ドメインの拡大
 第2節 パブリック・ドメインの処分と一般土地局の成立
      1 「明白な運命」と西部入植
      2 初期の処分政策
      3 先買権法
      4 1862年ホームステッド法
      5 その他のパブリック・ドメイン処分政策
      6 一般土地局の成立
 第3節 国有地処分法の濫用
      1 国有地処分法の濫用
      2 一般土地局による執行体制の不備

第2章 革新主義時代の国有地管理と自然保護(1890年代−1907年)
 第1節 国立公園の成立
      1 自然保護思想の誕生
      2 ヨセミテとイエローストーン
 第2節 国有林制度の成立
      1 森林保護制度の前史
      2 森林保護制度の展開
      3 革新主義の時代

第3章 国有放牧地と未完の改革(1880年代−1934年)
 第1節 放牧とその影響
      1 西部における放牧の濫觴
      2 放牧の拡大と自然破壊
 第2節 パウエルと土地制度改革
      1 合衆国の乾燥地帯の土地に関する報告書
      2 土地制度改革の進行と挫折
 第3節 ローズヴェルト政権の試み
      1 資源保全運動の台頭
      2 ローズヴェルト政権の試み
 第4節 放牧地賃貸法案をめぐる攻防
      1 放牧に関する初期の法案
      2 1904年キンケイド法
      3 1909年入植拡大法
      4 1916年牧畜入植法
      5 放牧地賃貸運動の挫折
 第5節 テイラー放牧法と国有地処分の終焉
      1 1920−30年代の西部国有地
      2 実験放牧区に対する支援とその成功
      3 放牧地賃貸法案をめぐる議論
      4 1934年テイラー放牧法

第4章 ニュー・ディールと新たな国有地管理機関の創出(1930年代−1940年代)
 第1節 国有地管理のための人材育成
 第2節 荒廃した草地の復興
 第3節 土壤保全局の設立
 第4節 地方電化政策

第5章 国民的余暇時代と国有地管理政策(1950年代−1960年代)
 第1節 野外レクリエーションの胎動
      1 1924年野外レクリエーション全国協議会
      2 1926年レクリエーションおよび公共目的法
      3 国有地問題の検討委員会
      4 1936年公園・公園道路およびレクリエーション地域調査法
      5 レクリエーション専門委員会
 第2節 戦後復興とレクリエーション・ブームの本格的到来
      1 国有地管理をめぐる争点
      2 自然保護運動の再来
 第3節 全国野外レクリエーション資源再調査委員会の設置
      1 1958年野外レクリエーション再調査法
      2 全国野外レクリエーション資源再調査委員会の設置
 第4節 国有地法再調査委員会の設置
      1 報告書『国土の三分の一』
      2 小 括

第6章 多目的利用原則と国有林管理(1960年−1976年)
 第1節 国有林をとりまく状況の変化
      1 レクリエーション利用の増加
      2 木材需要の高まり
      3 原生自然保護運動の高まり
 第2節 1960年多目的利用・持続的収穫法の制定
      1 制定の背景
      2 ハンフリ法案の提出
      3 法案への反対
      4 連邦議会における審議経過
      5 多目的利用原則導入の意義と課題
      6 多目的利用・持続的収穫は裁量基準たりうるか
 第3節 1974年森林草地再生資源計画法の制定
 第4節 1976年国有林管理法の制定
      1 皆伐論争とマノンガヒーラ判決、森林局の敗北
      2 1976年国有林管理法の制定
      3 1976年国有林管理法の内容と評価

第7章 内務省土地管理局の誕生と新たな使命(1946年−1976年)
 第1節 土地管理局の誕生
      1 一般土地局と放牧局の時代
      2 土地管理局の成立
      3 土地管理局の始動
      4 レクリエーション・ブームへの対応
 第2節 1976年国有地政策管理法の制定
      1 忘れられた国有地と土地管理局の努力
      2 国有地の包括的管理の試み――プロジェクト2012
      3 1964年地種区分・多目的利用法
      4 1976年国有地政策管理法


おわりに
索  引


●著者紹介

鈴木 光(スズキ ヒカル)
北海学園大学法学部准教授



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED