トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




サハリン大陸棚石油・ガス開発と環境保全
村上 隆編著

判型: B5 上製
頁数: 450
ISBN: 978-4-8329-6371-9
Cコード: C3060
発行日:2003-02-28
定価: 17,600円 (本体価格16,000円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

サハリン島北東部大陸棚で進められている,石油・天然ガス開発とそれに伴う海洋汚染の蓋然性に関する問題を,自然科学・社会科学・人文科学による学際的立場から詳細に分析。オホーツク海圏の資源開発と環境保全の二律背反を検討,その環境面に力点をおいて解決の方途を探る共同研究の成果。
●目次

機.汽魯螢鸞舂γの開発
  第1章 サハリン大陸棚の石油・天然ガス開発  村上 隆  
  第2章 サハリン大陸棚開発と水産資源利用者の立場  荒井信雄
供〔防除体制
  第3章 ノルウェーにおける大陸棚開発関連の危機管理体制  皆川修吾  
  第4章 アラスカ,英国における石油流出に関する危機管理体制  村上 隆  
  第5章 ロシアと日本における石油流出に関する危機管理体制 皆川修吾・村上 隆
  第6章 海岸地域の管理と環境保全―日米の比較から  畠山武道   
掘〔汚染の影響と補償
  第7章 界面活性剤(ノニルフェノールエトキシレート)が沿岸底生二枚貝に与える影響  中尾 繁
  第8章 油濁汚染による損害の賠償補償問題―ナホトカ号事故を事例として 吉田文和
検[氷の勢力の変化と氷海
  第9章 流氷と地球環境 青田昌秋
  第10章 オホーツク海・北海道沿岸域における流氷勢力の減少傾向(1892-2000年)  青田昌秋
  第11章 タンカーの氷海運航上の技術的問題  北川弘光
后[出油の対応準備
  第12章 地理情報システムによるサハリンの地域環境分析  山村悦夫
  第13章 流出油の漂流軌跡の想定と回収方法  佐伯 浩・大塚夏彦   
  第14章 環境脆弱性指標地図(ESIマップ)をどのように作るか  濱田誠一
開発がもたらす社会的影響
  第15章 移行社会における環境意識―サハリン沖石油・ガス開発に関する市民の意識調査  赤羽恒雄・Anna Vassilieva
  第16章 石油・天然ガス開発の原住民に及ぼす影響  井上紘一
資  料 ロシア連邦関連法規
●著者紹介

村上 隆(ムラカミ タカシ)
北海道大学スラブ研究センター教授*



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED