トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




アシナガバチ一億年のドラマ ― カリバチの社会はいかに進化したか
山根爽一著

判型: 4-6 上製
頁数: 316
ISBN: 978-4-8329-7311-4
Cコード: C1045
発行日:2001-08-10
定価: 3,080円 (本体価格2,800円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

ギャンブル仮説か? 3/4仮説か? あるいは協同的多雌性仮説か? 日本をはじめ,東南アジア,オーストラリア,ブラジルなどにおける広範な調査に,最新の視点を取り入れて,カリバチにおける社会進化の道すじを解りやすく紹介.1億年をかけたイノベーションの謎に迫る.
●目次

第 1章  子育ての技術革新―社会生活への長い道のり
      1  カリバチとハナバチ
      2  植物食から寄生生活へ
      3  他人のすみかを借用する―巣作りの起源
      4  自分で巣をつくる―建築家の誕生
      5  狩りに先立って産卵する―空室産卵

第 2章  独居と社会生活の接点を探る―ハラボソバチの社会
      1  熱帯アジアの隠遁生活者
      2  忍耐のいる行動観察
      3  メリイヒメハラボソバチのルーズな社会
      4  母巣で働いてから独立する娘たち
      5  ハラボソバチは真社会性といえるか

第 3章  個人主義か集団主義か―独立創設するアシナガバチ
      1  独立創設と巣分かれ創設
      2  温帯のアシナガバチの生活史
      3  複数のメスによる巣作り―多雌創設
      4  債権交代で延命するチビアシナガバチのコロニー
      5  巣を分割するオーストラリアのチビアシナガバチ
      6  独力で創設するか,集団に加わるか

第 4章  コロニーの巨大化―巣分かれ創設するアシナガバチ
      1  アシナガバチ類の巣分かれ創設
      2  旧世界のチビアシナガバチの生活
      3  南米で分化したエピポナ類
      4  巣分かれ創設はいかに進化したか
      5  巣分かれ創設と表裏一体の多女王制

第 5章  カースト分化―社会組織の完成度の指標
      1  カーストの違いは,まず行動にあらわれる
      2  カースト間の形態的分化
      3  カースト分化の様相とその意味

第 6章  建築技術のイノベーション―構造の多様性と進化
      1  ハチの巣は魅惑のかたまり
      2  ハラボソバチの巣のみごとな分化
      3  細い柄で吊り下げ,「化学の鍵」をかける
      4  住居の育児環境を快適に保つ
      5  巣材と建築技術は社会進化を左右する

第 7章  カリバチの社会はいかに進化したか
      1  社会進化の古典的仮説―栄養交換説
      2  子をつくらずに自分の性質を伝える―血縁選択理論
      3  みんなで集まれば怖くない―協同的多雌性仮説
      4  どの身のふり方が有利か―ギャンブル仮説
      5  異世代社会と同世代社会―社会進化の道すじ
●著者紹介

山根 爽一(ヤマネ ソウイチ)
茨城大学教育学部教授.理学博士.
主要著書:
フタモンアシナガバチ (文一総合出版,1986)
チビアシナガバチの社会 (共著,東海大学出版会,1989)
スマトラの自然と人々 (共著,八坂書房,1992)
昆虫の社会進化―ハチの比較社会学 (共編著,博品社,1993)

この商品をお求めの客様はこんな商品もお求めです。




北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED