トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




壊血病とビタミンCの歴史 ― 「権威主義」と「思いこみ」の科学史
K.J.カーペンター著/北村二郎・川上倫子訳

判型: 4-6 上製
頁数: 396
ISBN: 978-4-8329-7271-1
Cコード: C1040
発行日:1998-10-25
定価: 3,080円 (本体価格2,800円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

大航海以来の壊血病を巡るさまざまな主張,観察,論理の展開などを振り返り,それが多種多様な学説へと進み,ついにはビタミン C の分離と合成へと実を結んでいった過程を,詳細な資料にもとづき明らかにする. 研究者間での解釈の相違を想定して,誤った説をも含めた諸説が紹介される.
●目次

第 1章  探検家たちの病気 (1498-1700)
第 2章  学者たちの著作物 (1540-1700)
第 3章  イギリス海軍における壊血病 (1700-1772)
第 4章  クック船長と気体の科学 (1770-1815)
第 5章  陸上での壊血病・ポテト・カリウム (1810-1905)
第 6章  北極圏での問題とプトマイン中毒説 (1850-1915)
第 7章  乳幼児壊血病―豊かさの中の新しい病気 (1877-1917)
第 8章  モルモットとビタミンCの発見 (1905-1935)
第 9章  ビタミンCの所要量と摂取量 (1935-1985)
第10章  温故知新
●著者紹介

ケニス・J・カーペンター(カーペンター,K.J.(ケニス・J))
元カリフォルニア大(バークリー校)栄養学部教授.

北村 二朗(キタムラ ジロウ)
元岐阜薬科大学教授.微生物学

川上 倫子(カワカミ トモコ)

この商品をお求めの客様はこんな商品もお求めです。




北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED