トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




エキノコックス☆〔増補版〕☆ ― その正体と対策
山下次郎著/神谷正男増補

判型: 4-6 上製
頁数: 296
ISBN: 978-4-8329-7062-5
Cコード: C1047
発行日:1997-12-25
定価: 3,080円 (本体価格2,800円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

礼文島と道東域に限られていたエキノコックス(多包条虫)の汚染地域は, 今や北海道全域に拡大し,感染源として重要な終宿主のうちキタキツネの感染率は平均40%を越えた. 本州への本格的な進出も懸念される現在,汚染地域の実態・研究の進展など,最新情報を増補して紹介する.
●版元から

*1978年09月25日第1版第1刷発行
*1997年12月25日増補版第1刷発行
●目次

まえがき

I エキノコックスとの闘い
 1 エキノコックスはいつ頃から知られたのか
 2 北海道の包虫症
    1 礼文島の包虫症
    2 北海道東部(道東)の包虫症

II エキノコックスとは何か
 1 エキノコックスとは
    寄生虫の仲間 / 条虫科の条虫の幼虫 / 嚢虫のいろいろなタイプ / キノコックスの名称
 2 エキノコックスの構造
    ほかの嚢虫とのちがい / 単包虫と多包虫 / 包虫一元説と二元説
 3 感染――人から人に感染するものではない
 4 寄生部位と宿主特異性
    寄生部位 / 宿主特異性
 5 成長と増殖
 6 病害作用と宿主の対応
    肝臓寄生 / 脳寄生 / 眼寄生 / 肺寄生 / 循環器寄生 / 腎臓寄生 / 骨寄生
 7 二次包虫症
 8 成虫(親虫)
    宿主と寄生部位 / 成虫の構造 / 学名と和名
 9 成虫の発育と宿主の障害
    包虫から成虫へ / 単包条虫 / 成虫の生活 / 宿主の障害
 10 原頭節から成虫への人工培養
 11 虫卵と原頭節の性質
    虫卵の性質 / 原頭節の性質
 12 エキノコックス防遏についての考察
    個人的予防 / 撲滅対策 / 犬の登録の徹底 / 野犬の掃蕩 / 犬の移出と移入 / 駆虫 / 
    中間宿主動物対策 / 狐対策
 13 人包虫症の診断
 14 人包虫症の治療
 15 これからの研究目標

III 各国におけるエキノコックスの状況
 1 中間宿主動物の感染状況
 2 宿主動物の感染状況と人包虫症の流行
 3 包虫症予防対策
 * 寄生虫分類学の指導――タイで2か月
 * エキノコックス研究者との交流――ヨーロッパ、アラスカの旅

増補 広がる感染地域と感染源対策………神谷正男
 はじめに
 1 世界的な分布
 2 日本における分布
 3 北海道における分布
    北海道への多包条虫の侵入 / 中間宿主の感染状況 / 北海道における終宿主の感染状況
 4 感染源対策――キツネとイヌへの対策
    観光地でのキツネとのつきあい / イヌの感染率調査と新しい診断技術
 おわりに


●著者紹介

山下 次郎(ヤマシタ ジロウ)
1935年 北海道帝国大学農学部卒業
1955年 北海道大学獣医学部教授(寄生虫病学)
1975年 定年退官(北海道大学名誉教授),農学博士
1992年没
主要著書:家畜寄生虫病学 (文永堂出版)
     家畜寄生虫病診断学 (分担執筆,文永堂出版)
     食品衛生事典 (分担執筆,医歯薬出版)
     新日本動物図鑑 (分担執筆,北隆館)
     原色動物大図鑑 (分担執筆,中山書店)
     日本における寄生虫学の研究 (分担執筆,目黒寄生虫館) など

神谷 正男(カミヤ マサオ)
1966年 北海道大学獣医学部卒業
1968年 東京大学大学院農学研究科獣医学専攻修士課程修了
聖マリアンナ医科大学講師,北海道大学獣医学部助教授などを経て
1988年 北海道大学獣医学部教授.医学博士(東京大学)
主要著書:実験動物感染病学』(ソフトサイエンス社)
     実験動物学 (分担執筆,朝倉書店)
     獣医公衆衛生学 (分担執筆,文永堂出版)
     獣医臨床寄生虫学(産業動物編)(分担執筆,文永堂出版) など



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED