トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




道北の自然を歩く ― 地質あんない
道北地方地学懇話会編

判型: B6 並製
頁数: 286
ISBN: 978-4-8329-1151-2
Cコード: C1344
発行日:1995-08-25
定価: 1,980円 (本体価格1,800円+税)

品切れ・重版未定
売り切れ
●本書の特徴

「氷河時代」の雪と氷の営みによってつくられた地形と,寒冷期を生き抜いてきた動植物のたたずまい,そして,西のユーラシアプレートと東の北アメリカプレートとの,せめぎあいの場=道北地方の個性的な自然の生い立ちをたどる.「道北から」発信する初の自然ガイド.
●目次

第 1章  日本海沿岸北部
  1  稚内〜宗谷岬 (周氷河地形の丘陵)
  2  礼文島 (高山植物の島)
  3  利尻島 (利尻富士の構造)
  4  サロベツ原野 (湿原と火山灰)
  5  豊富〜幌延〜問寒別 (埋積された海)
第 2章  日本海沿岸南部
  1  苫前〜初山別 (海岸段丘と活断層)
  2  羽幌〜築別 (日本海の生い立ち)
  3  小平蘂川流域 (雨竜層群の石炭)
  4  留萌〜恵比島 (留萌炭田の新第三紀層)
  5  石狩〜増毛 (荒波が削る岩石海岸)
第 3章  オホーツク海岸北部
  1  猿払〜浜頓別 (アカエゾマツの森と湖沼群)
  2  歌登 (デスモスチルスの入り江)
  3  枝幸〜雄武〜興部 (段丘と赤い土)
第 4章  天塩川流域
  1  中川〜佐久 (アンモナイトのふる里)
  2  名寄〜サンル (高師小僧と鈴石の盆地)
  3  士別〜剣淵〜和寒 (地質構造体の狭間)
  4  下川〜西興部〜朝日 (海底玄武岩と銅鉱の山)
第 5章  上川・富良野盆地
  1  嵐山と神居古潭峡谷 (渡り鳥の遊ぶ谷間)
  2  当麻鍾乳洞と突哨山 (鍾乳石とカタクリの丘)
  3  富良野盆地 (大火砕流がつくる台地)
  4  十勝岳火山群 (泥流の傷痕)
第 6章  オホーツク海岸南部
  1  紋別〜湧別 (南北文化の交差する重粘土の丘)
  2  興部〜滝上 (オホーツク沿岸背景の山々)
  3  白滝盆地とその周辺 (石器の工場と浮島湿原)
  4  遠軽〜生田原 (森林と金山で栄えた街々)
第 7章  道北の自然
  1  道北の生い立ち
  2  道北の地形
  3  道北を取り巻く海
  4  北の土壌
  5  道北の森林
  6  北に遺されたヒトの足跡




●著者紹介

道北地方地学懇話会(ドウホクチホウチガクコンワカイ)

この商品をお求めの客様はこんな商品もお求めです。




北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED