トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




稚魚の自然史 ― 千変万化の魚類学
千田哲資・南 卓志・木下 泉編著

判型: A5 ソフトカバー
頁数: 318
ISBN: 978-4-8329-9911-4
Cコード: C3045
発行日:2001-01-25
定価: 3,300円 (本体価格3,000円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

さまざまに「千変万化」する魚類の初期生活史について,17人の第一線の研究者が,形態・行動・養殖・系統分類・生物地理・生態など,さまざまな角度からアプローチする.
●目次

第吃堯 稚魚と出会う:潜る,飼う,描く
第 1章  潜って観察する (金城清昭)
第 2章  稚魚を飼う (青海忠久)
第 3章  稚魚をスケッチする (小島純一)

第局堯 稚魚のかたち:多様性と機能の謎を探る
第 4章  魚卵の世界 (平井明夫)
第 5章  飼育によるベラ科仔稚魚の識別 (木村清志)
第 6章  カレイ科魚類の変態と着底 (南 卓志)

第敬堯 何を食べているのか:摂餌の謎を探る
第 7章  ウナギ目レプトケパルス消化管の謎 (望岡典隆)
第 8章  ハタ類の仔魚飼育はどうして難しいのか? (河野 博)
第 9章  川原大池のハゼと外来魚たち (東 幹夫)
第10章  ヒラメは何を食べ,何に食べられているのか (乃一哲久)

第孤堯 どこにいるのか:分布と移動の謎を探る
第11章  アユの回遊 (塚本克巳)
第12章  アカメ稚魚を求めて (木下 泉)
第13章  浜に湧きでる養殖の種 (熊谷 滋)
第14章  川を遡る有明海のスズキ稚魚 (田中 克)
第15章  流れ藻につく稚魚たち (池原宏二)
●著者紹介

千田 哲資(センタ テツシ)
元長崎大学水産学部教授

南 卓志(ミナミ タカシ)
日本海区水産研究所国際海洋資源研究官

木下 泉(キノシタ イズミ)
高知大学海洋生物教育研究センター教授



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED