トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




森の自然史 ― 複雑系の生態学
菊沢喜八郎・甲山隆司編

判型: A5 ソフトカバー
頁数: 250
ISBN: 978-4-8329-9891-9
Cコード: C3045
発行日:2009-10-25
定価: 3,300円 (本体価格3,000円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

巨大システムとしての森林 はいかに維持さているのだろうか. 15人の第一線若手研究者による複雑系の生態学への複合的 アプローチ. 第吃瑤任蓮 森の木々の繁殖 について, 第局瑤任蓮 樹木と動物との相互作用に注目しつつ,芽生えから成熟までについて触れる. 第敬瑤任蓮に務て擦琉々盪蛎喊肯咫げ圧彭腓両藩媼林,ボルネオの熱帯低地雨林をフィールドに共存の仕組みの手がかりを,第孤瑤任蓮ぜ木と補食動物との関係,樹木と土壌・河川との関係をとおして,生態系としての森の機能を解明する.
●目次

 第吃堯〔擇硫屐Σ娘

第1章  熱帯雨林における植物の開花・繁殖様式………百瀬邦泰
第2章  冷温帯落葉広葉樹林における樹木の開花と結実………加藤悦史
第3章  冷温帯落葉広葉樹林における種子散布………柴田銃江
第4章  森の果実と鳥の季節………木村一也


 第局堯ー太犬猟蠱紊斑媼の生活

第5章  マレーシア半島の熱帯低地雨林に果実−果実食者の関係を探る………安田雅俊
第6章  萌芽をだしながら急斜面に生きるフサザクラ………酒井暁子
第7章  熱帯雨林におけるフネミノキの樹形変化………山田俊弘
第8章  ミズナラの実生定着と空間分布を規定する昆虫と野ネズミ………和田直也


 第敬堯/垢瞭安屬伴種の共存

第9章  トドマツ・アカエゾマツ林の更新動態と2種の共存………高橋耕一
第10章 照葉樹林の構造と樹木群集の構成………相場慎一郎
第11章 リュウノウジュの林冠優占と熱帯雨林の多様性………伊東 明


 第孤堯\限峽呂箸靴討凌肯

第12章 春の広葉樹林における植物−昆虫−鳥の三者関係………村上正志
第13章 森の土壌をめぐる物質動態………柴田英昭
第14章 河川の構造と森林………井上幹生
第15章 森と川のつながり−河川生態系における河畔林の機能………佐藤弘和


編者・執筆者紹介(五十音順)


●著者紹介

菊沢 喜八郎(キクザワ キハチロウ)
京都大学大学院農学研究科教授

甲山 隆司(コウヤマ タカシ)
北海道大学大学院地球環境科学研究科教授



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED