トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




魚の自然史 ― 水中の進化学
松浦啓一・宮 正樹編著

判型: A5 ソフトカバー
頁数: 248
ISBN: 978-4-8329-9791-2
Cコード: C3045
発行日:1999-09-25
定価: 3,300円 (本体価格3,000円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

魚の多様性をもたらした進化の歴史を,12人の第一線の研究者が,比較形態学・分子系統学・生物地理学・繁殖生態学などさまざまな角度からアプローチする.「魚」 をめぐる研究の難しさ楽しさが伝わる,研究者とその卵たちに贈る待望の1冊.
●目次

第吃堯/焚修畔類
第 1章  さかなの由来が知りたい―分岐論の実際とその周辺(白井 滋)
第 2章  進化分類の方法(佐藤陽一)

第局堯〃疎峽措舛亡陲鼎進化史の再構成
第 3章  歴史生物地理における系統と化石の重要性―日本産ギギ科魚類の分布パターンの成立過程(渡辺勝敏)
第 4章  系統と生物地理―タラ亜科魚類の系統進化(遠藤広光)
第 5章  多様性と統一性―フグ目魚類の系統関係(松浦啓一)

第敬堯(子系統に基づく進化史の再構成
第 6章  自然史研究における分子的アプローチ(西田 睦)
第 7章  分子系統からみた深海性オニハダカ属魚類の大進化―自然史研究における系統樹の発見的価値(宮 正樹)
第 8章  アユの過去と末裔たちの現在(井口恵一朗)
第 9章  チチブ属魚類の隔離と交雑による進化―「同種」と「別種」のあいだで(向井貴彦)

第孤堯“某生態の進化史
第10章  カジカ類における交尾行動の進化(宗原弘幸)
第11章  モンガラカワハギ上科魚類の繁殖行動とその進化(川瀬裕司)
第12章  トゲウオ目魚類の繁殖行動―シワイカナゴの系統的位置とトゲウオ目における行動の進化(赤川 泉)
●著者紹介

松浦 啓一(マツウラ ケイイチ)
国立科学博物館動物研究部室長・東京大学大学院理学系研究科助教授

宮 正樹(ミヤ マサキ)
千葉県立中央博物館動物研究科上席研究官・千葉大学大学院自然科学研究科客員助教授



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED