トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




野生イネの自然史 ― 実りの進化生態学
森島 啓子編著

判型: A5 ソフトカバー
頁数: 228
ISBN: 978-4-8329-8061-7
Cコード: C3045
発行日:2003-10-10
定価: 3,300円 (本体価格3,000円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

野生イネは,きれいな花を咲かせることもなく良い匂いがするわけでもない,私たちには,ただの雑草にしか見えない地味な植物である。残念ながら日本には自生していない。著者の半数近くが「外国人」である理由はここにある。しかし,このつつましやかな植物が,世界の半分近い人間が主食としている「稲」を生んだ重要な野生植物なのである。本書ではわれわれ日本人にとってもっとも身近な植物である「稲」の祖先種をもとに植物の多様な適応戦略をさぐる。
●目次

序 章 野生イネのプロフィール………森島啓子

 第吃堯〔鄒献ぅ佑寮験荵

第1章 フィールドと実験室のあいだで………森島啓子
第2章 種子とクローンの両方で殖える集団の遺伝理論………米澤勝衛


 第局堯\犬るためのさまざまな適応

第3章 イネ属二倍体CCゲノム種にみられる熱帯の森林‐サバンナ連続移行地帯への適応
                     ………………ダンカン A. ヴォーン / 森島啓子 訳
第4章 南米野生イネの旅:アマゾンからチャコまで………安藤晃彦
第5章 野生イネに内生する窒素固定エンドファイト………佐藤雅志
第6章 雑草イネとは?………徐 學洙・許 文會


 第敬堯〔鄒献ぅ佑硫甬遏じ什漾ぬね

第7章 野生イネの考古学………佐藤洋一郎
第8章 中国野生イネの実態………才 宏偉
第9章 野生イネO. rufipogon集団の姿………島本義也
第10章 野生イネは生き続けられるか………秋本正博


●著者紹介

森島 啓子(モリシマ ヒロコ)
東京農業大学教授

秋本 正博(アキモト マサヒロ)
帯広畜産大学畜産学部助手

安藤 晃彦(アンドウ アキヒコ)
元サンパウロ大学ルイス・デ・ケイロッス農科大学教授

才 宏偉(Cai, Hongwei)
日本草地畜産種子協会飼料作物研究所研究員

佐藤 雅志(サトウ タダシ)
東北大学大学院生命科学研究科助教授

佐藤 洋一(サトウ ヨウイチロウ)
静岡大学農学部助教授

島本 義也(シマモト ヨシヤ)
東京農業大学生物産業学部教授・北海道大学名誉教授

徐 學洙(Suh, Hak Soo)
嶺南大学生物資源学部教授

許 文會(Heu, Men Hue)
ソウル大学名誉教授

ダンカン A. ヴォーン(Vaughan, Duncan)
農業生物資源研究所集団動態研究チーム・チーム長

米澤 勝衛(ヨネザワ カツエイ)
京都産業大学工学部教授



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED