トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




北海道における初期洋風建築の研究
越野 武著

判型: B5 上製
頁数: 422
ISBN: 978-4-8329-9411-9
Cコード: C3052
発行日:1993-02-25
定価: 9,900円 (本体価格9,000円+税)

品切れ・重版未定
売り切れ
●本書の特徴

北海道での初期洋風建築の展開を,開港都市箱館の英領事館等にみられる最初期,開拓使による公共建築への摂取移植実験の時期,明治中後期の伝播期,といった歴史過程の中でとらえ,文化史的・社会史的観点をも加え総体的に論述.
●目次

第1部 序論
 第1章 初期洋風建築の史的性格
第2部 初期洋風建築の導入
 第2章 初期洋風建築の導入−第2部の概要
 第3章 函館における開港期の洋風建築
 第4章 文久3年在箱館イギリス領事館
第3部 開拓使函館支庁の洋風建築
 第5章 函館における明治初期の洋風建築−第3部の概要
 第6章 開拓使函館支庁の営繕組織
 第7章 開拓使函館支庁前期の建築
 第8章 開拓使函館支庁後期の建築
第4部 開拓使本庁の洋風建築
 第9章 開拓使本庁の洋風建築−第4部の概要
 第10章 開拓使本庁前期の洋風建築
 第11章 開拓使本庁後期の洋風建築
第5部 明治中後期における初期洋風建築の展開
 第12章 初期洋風建築の展開−第5部の概要
 第13章 函館における洋風建築の展開
 第14章 札幌における木造洋風建築の展開
 第15章 小樽における木骨石造建築
 第16章 日本海沿岸地方における洋風建築の伝播
結び−初期洋風建築の意義と今後の研究課題
●著者紹介

越野 武(コシノ タケシ)
1937年 札幌に生まれる
1960年 北海道大学工学部建築工学科卒業
北海道大学工学部教授、工学博士
主な業績
日本近代建築史、主として北海道における明治洋風建築を研究テーマとして、札幌農学校演舞場、豊平館、函館市市街地建築群などの実測調査を主宰してきた。1991年度日本建築学会論文賞受賞。



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED