トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




蝶の自然史 ― 行動と生態の進化学
大崎直太編著

判型: A5 ソフトカバー
頁数: 286
ISBN: 978-4-8329-9871-1
Cコード: C3045
発行日:2000-06-25
定価: 3,240円 (本体価格3,000円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

羽化から配偶,産卵をへて,幼虫が再び成虫になるまでの,生活史のさまざまな断面を,16人の第一線の研究者が,行動生態学・進化生態学・個体群生態学など現代生態学の多彩な手法をつかって解き明かす.可憐さに秘められた進化の謎解きのむずかしさと楽しさが伝わる1冊.
●目次

第吃堯 ̄化と繁殖の進化をさぐる
第 1章  羽化のタイミングを決めるのは何か (澤田浩司)
第 2章  オスはどうやってメスを探すのか――ナミアゲハのオスの配偶行動を解発する
      視覚的信号の定量的解析 (山下恵子)
第 3章  いかに多くの子を残すか (鈴木信彦)
第 4章  産卵植物の決定要因 (大崎直太)
第 5章  ギフチョウは卵塊サイズを調節するか (椿 宜高)
第 6章  食草の葉の硬さと卵サイズ (古本敦子)

第局堯)姫劼離瓮ニズムと進化
第 7章  幼虫の防衛・隠蔽色と警告色 (長坂幸吉)
第 8章  成虫はどうやって身を守っているのか――擬態と多型 (上杉兼司)
第 9章  食草も防衛する (矢野修一)
第10章  アオムシコマユバチはイヌガラシの味方なのか (佐藤芳文)

第敬堯\験荵砲反焚
第11章  チョウの訪花と学習――チョウはどこまで賢いか (香取郁夫)
第12章  日常的移動 (鈴木芳人)
第13章  チョウの移動――環境悪化をどう克服するか (石井 実)
第14章  アゲハ類の個体群動態 (渡辺 守)

第孤堯…海亮然史
第15章  チョウの分類学的位置 (矢田 脩)
第16章  日本産チョウ類の生活史研究の歩み (福田晴夫)
●著者紹介

大崎 直太(オオサキ ナオタ)
京都大大学院農学研究科助教授

石井 実(イシイ ミノル)
大阪府立大学大学院農学生命科学研究科教授

上杉 兼司(ウエスギ ケンジ)
沖縄尚学高校教諭

香取 郁夫(カンドリ イクオ)
近畿大学農学部講師

佐藤 芳文(サトウ ヨシブミ)
京都医療技術短期大学教授

澤田 浩司(サワダ コウジ)
福岡県立香椎高校教諭

鈴木 信彦(スズキ ノブヒコ)
佐賀大学農学部教授

鈴木 芳人(スズキ ヨシト)
農業技術研究機構 中央農業総合研究センター 虫害防除システム研究室長

椿 宜高(ツバキ ヨシタカ)
国立環境研究所上席研究官

長坂 幸吉(ナガサカ コウキチ)
農業技術研究機構 近畿中国四国農業研究センター総合研究第4チーム主任研究官

福田 晴夫(フクダ ハルオ)
元鹿児島県立博物館館長

古本 敦子(フルモト アツコ)
伊丹市昆虫館学芸員

矢田 脩(ヤタ オサム)
九州大学大学院比較社会文化研究院き教授

矢野 修一(ヤノ シュウイチ)
京都大学大学院農学研究科助手

山下 恵子(ヤマシタ ケイコ)
ナチュラリスト

渡辺 守(ワタナベ マモル)
筑波大学生物科学系教授



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED