トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




生体高分子の低温カロリメトリー
G.M.ムレヴリシュヴィリ著/上平 恒・上平初穂訳

判型: A5 上製
頁数: 216
ISBN: 978-4-8329-9371-6
Cコード: C3051
発行日:1992-07-25
定価: 4,950円 (本体価格4,500円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

生体高分子の低温における熱挙動を中心に,そのコンホメーションと水和の関係を実験的に解明,生体系の水和を分子・細胞および組織レベルで解決する最新技術を提示する中で,分子生物物理学の最先端を紹介する.
●目次

第 1章  カロリメトリー―分子生物学の研究における分析法
   1  生体高分子の構造とそのコンホメーションの特性の概略
   2  生体高分子溶液中の熱転移の特徴(温度範囲2−400K)
   3  生体高分子の熱安定性―熱による構造転移
   4  生体高分子の水和
   5  固体状態における生体高分子の熱的特性
第 2章  温度範囲4−400Kにおける生体物質の断熱カロリメトリーの実験技術
   1  精密低温カロリメータの備えるべき一般的条件
   2  カロリメトリーによる測定(「熱インパルス」および「連続加熱」法)
   3  カロリメータの概略と熱物理学的特徴
第 3章  生体高分子溶液中の溶媒(水)の相転移と生体高分子の水和
   1  球状タンパク質
   2  繊維状タンパク質
   3  核酸(DNA)
   4  膜タンパク質
   5  生体高分子溶液中の水の相転移の論理モデル
第 4章  生体高分子のコンホメーション変化
   1  溶液中の生体高分子のコンホメーション
   2  生体高分子溶液中の水の緩和時間
第 5章  低温におけるDNA−水−塩 三成分系共晶の熱力学
   1  H2O−塩 二成分系の相図
   2  断熱型低温カロリメトリーによるNaDNA−H2O−NaCl 系のデータ
   3  低温走査型ミクロカロリメータによるNaDNA−H2O−NaCl 系のデータ
第 6章  天然および変性状態の生体高分子の熱容量(温度範囲4−400K)
   1  生体高分子の比熱容量と熱伝導
   2  種々の湿度におけるコラーゲンの熱容量の温度依存性
   3  ヘリックス状および糸まり状態のコラーゲンの熱容量差の温度依存性
   4  コラーゲンの変性の熱力学的関数
   5  DNA二重らせんの低温特性
   6  結晶およびゲル状態のDNAの低温における熱運動
第 7章  結 論
第 8章  日本語版への結論
訳者による付録  生体高分子の熱転移測定と立体構造―DSCについての補足
●著者紹介

ムレヴリシュヴィリ,G.M.(ムレヴリシュヴィリ,G.M.)
グルジア科学アカデミー物理学研究所生物物理研究室長.トビリシ大学理学部高分子物理学科主任教授.

上平 恒(ウエダイラ ヒサシ)
元北海道大学理学部高分子学科教授.現在,著述業.
主  著:
水とは何か(講談社,1976)
生体系の水(共著,講談社,1989)
生命からみた水(共立出版,1990

上平 初穂(ウエダイラ ハツホ)
繊維高分子研究所生体工学部分子機能研究室長.
主  著:
新熱分析の基礎と応用(共著,科学技術社,1989)
バイオリアクター(共著,(株)アイピーシー,1988)



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED