トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




低温の生物物理と生化学
F.フランクス著/村勢則郎・片桐千仞訳

判型: A5 上製
頁数: 270
ISBN: 978-4-8329-9281-8
Cコード: C3045
発行日:1989-09-25
定価: 4,180円 (本体価格3,800円+税)

品切れ・重版未定
売り切れ
●本書の特徴

生物を水溶液系としてとらえ,それが冷却されたときにおこる, 過冷却,凍結,氷晶成長,ガラス化などの基本的現象を物理化学的に解説する.研究から技術開発まで,生物材料の低温保存・低温医学・低温食品等の広範な関連分野にも不可欠の基本テキスト.
●目次

第 1章  水と温度と生命
第 2章  氷点下の水の物理
第 3章  氷点下の水溶液の物理化学
第 4章  低温生化学―至適温度以下にたいするタンパク質の反応
第 5章  1個の細胞―その冷温と氷結にたいする応答
第 6章  生物の凍結回避
第 7章  生物の耐凍性
第 8章  低温生物学―実験室における細胞・組織・器官の保存
第 9章  準安定状態の水の技術
第10章  今後の課題
●著者紹介

フランクス,F.(フランクス,F.)
英国パフラ社生物保存部門(ケンブリッジ)の部門長およびケンブリッジ大学植物学科主任研究員.

村勢 則郎(ムラセ ノリオ)
東京電気大学理工学部助教授

片桐 千仭(カタギリ チヒロ)
北海道大学低温科学研究所生化学部門助手



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED