トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




プロフェッショナル・ディベロップメント ― 大学教員・TA研修の国際比較
安藤 厚・細川 敏幸・山岸 みどり・小笠原 正明編著

判型: A5 並製
頁数: 250
ISBN: 978-4-8329-6761-8
Cコード: C3037
発行日:2012-03-30
定価: 2,860円 (本体価格2,600円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

北米と東アジアにおける先進的なFD活動の報告・研究である。授業改善にとどまらず、大学の教職員および将来の大学教員たる大学院生の専門的能力開発も含む職能開発(PD)を視野に入れる。北大の全学FD、TA研修等、現場に密着したシンポジウム報告をまとめた
●版元から

『本書は、筑波大学と北海道大学の共催により、2009年7月27〜31日につくば市と札幌市で開催された国際シンポジウム「高等教育におけるプロフェッショナル・ディベロップメント」のプログラムB「プロフェッショナル・ディベロップメントの諸相」(北海道大学、7月30〜31日)の記録をもとにした日本語版である。
 本書の第1部「外国の大学におけるプロフェッショナル・ディベロップメント」では、米国・ワシントン大学、中国・清華大学、韓国・ソウル国立大学の重層的な教員研修・サポートシステムの全体像を紹介するとともに、効果的な教員支援の手法としてワシントン大学のマイクロティーチング、およびソウル国立大学のe-ラーニングサポートを紹介している。
 第2部「大学院生向け研修プログラム」では、カナダ・ダルハウジー大学および米国・カリフォルニア大学バークリー校のTA研修からPFF (Preparing Future Faculty)プログラムへの発展の流れを紹介している。また、バークリーのプログラムに関連して、アカデミックライティングについての討論も紹介されている。
 第3部「学生・教員調査を活用した教員研修」では、今後の教育支援ツールとして注目される、米国・インディアナ大学の全米学生調査NSSE (National Survey of Student Engagement)、教員調査FSSE、授業調査CLASSE、および同志社大学の新入生調査JFSと上級生調査JCSSなど、学生・教員調査の成果を紹介している。
 第4部「日本の大学におけるプロフェッショナル・ディベロップメント」では、日本の大学における教育改善・教員支援の現状を、北海道大学と筑波大学の取組を中心に紹介している。
 教育改善、教育学習支援に関心を持つ多くの大学人に、本書が広く読まれ活用されることを願ってやまない。』(本書 はじめに より抜粋)
●目次

はじめに………小笠原正明
執筆者・発言者一覧

序 論………安藤 厚
   日本の大学におけるプロフェッショナル・ディベロップメント / 国際シンポジウム「高等教
   育におけるプロフェッショナル・ディベロップメント」 / なぜプロフェッショナル・ディベ
   ロップメント(PD)なのか? / 次世代FDの研究 / 海外の先進事例の調査研究 / 国際シン
   ポジウムにおける議論 / プロフェッショナル・ディベロップメント活動の今後の課題と展望 / 
   結び
   (参考1)北大型FDの十年


 第吃堯ヽ姐颪梁膤悗砲けるプロフェッショナル・ディベロップメント

1.学内諸組織の連携によるFDプログラム――ワシントン大学
                          ………………ジョディ・D・ナイキスト
   教育学習資源のコンソーシアム / 新任教員歓迎プログラム / TA研修 / 質疑応答
   コラム ワシントン大学の概観

2.マイクロティーチングの活用――ワシントン大学授業開発研究センター
                          ………………ジョディ・D・ナイキスト
   マイクロティーチングの手順 / マイクロティーチングに必要な器材 / グループの作り方 / 
   建設的フィードバック / マイクロティーチングの評価 / ファシリテーターの役割 / 結び / 
   質疑応答
   (付録)マイクロティーチング関連資料

3.組織的プロフェッショナル・ディベロップメント戦略――清華大学………シ・ジンファン
   グローバルな背景 / 中国の高等教育における全国的拡大 / 中国における教員の能力開発
   (FPD) / 清華大学の発展戦略 / 清華大学におけるFD / 結び / 質疑応答
   コラム 清華大学の概観

4.ファカルティ・ディベロップメントと教育の質保証――ソウル国立大学………イ・ヘジュン
   教育学習サポートの諸組織 / FDプログラム / 優れた授業のためのeラーニング / 結び / 
   質疑応答
   コラム ソウル国立大学の概観


 第局堯‖膤惘\幻け研修プログラム

1.研究大学における大学院生TA研修――ダルハウジー大学………K・リン・テイラー
   ダルハウジー大学の大学院生TA / 発表の目的 / 背景説明 / なぜGTA研修に投資するの
   か? / GTA研修が必要な根拠 / ダルハウジー大学のGTA研修 / 効果のあった証拠 / いく
   つかの課題 / 結び / 質疑応答コラム
   コラム ダルハウジー大学の概観

2.将来の大学教員養成研修(PFF)――カリフォルニア大学バークリー校
                            ………………リンダ・フォンヘーネ
   ティーチングアシスタントの初期の歴史 / TA研修の起源 / 将来の大学教員養成(PFF)プ
   ログラム / バークリー校のPFFプログラム / GSI教育資源センター / 将来の大学教員養
   成(PFF)サマーカレッジ / 質疑応答
   コラム カリフォルニア大学バークリー校の概観
   (参考2)カーネギー財団の大学分類

3.大学院生向けアカデミックライティング・プログラム――カリフォルニア大学バークリー校
                             ………………サブリナ・ソラッコ
   アカデミックサービス / 大学院生の悩み / 将来の大学教員養成(PFF)サマーカレッジ / 
   質疑応答

4.(討論)日本と米国におけるアカデミックライティング
筑波大学におけるPFF英語アカデミックライティング・ワークショップ………宮本陽一郎
   統合的・分野横断的・多文化的アプローチと「エレベーターピッチ」
東京大学教養学部における理系英語アカデミックライティング・プログラム………トム・ガリー
   科学ライティングとプレゼンテーションの科目 / いくつかのライティング教育法 / プロフ
   ェッショナル・ディベロップメントにおけるライティングセンターの役割
討論 / 質疑応答


 第敬堯ヽ慇検Χ軌調査を活用した教員研修

1.教員研修による学習成果向上
  ――全米学生調査(NSSE)から授業調査(CLASSE)へ(インディアナ大学)
                         ………………ジュディス・アン・ウィメー
   全米学生調査(NSSE)(ネッシー) / 教員調査(FSSE) / 授業調査(CLASSE) / 模擬調
   査報告書 / 四分割分析レポート / 質疑応答
   コラム インディアナ大学の概観
   (参考3)学士課程教育におけるよい取組の七つの原則
   (参考4)Bloomの教育目標分類表(認知領域)

2.教育改善のための学生調査――新入生調査(JFS)と上級生調査(JCSS) ………山田礼子
   日本における学生調査の現状 / JFSとJCSSについて / JCSSの分析結果から / JFSの分析
   結果から / 結論 / 質疑応答
   コラム 同志社大学の概観


 第孤堯‘本の大学におけるプロフェッショナル・ディベロップメント

1.北海道大学における新任教員研修,FD,TA研修………細川敏幸
   日本における変化 / 北海道大学における変化 / 北海道大学におけるFD / 日本の大学にお
   けるFDの新しい動向 / 結び / 質疑応答
   コラム 北海道大学の概観

2.日本におけるファカルティ・ディベロップメント………石田東生
   変化の芽 / どうしたらPDを促進できるか? / 質疑応答
   コラム 筑波大学の概観

3.北海道大学における授業開発コンサルタントの将来性………山岸みどり
   北海道大学におけるFDプログラムの拡充 / 日米四大学の教育学習センターの比較 / 日本
   の大学におけるFDの手法 / 北海道大学における学生による授業評価 / 北海道大学全学FD
   参加者へのアンケート調査 / さまざまなタイプのコンサルテーションプログラム / エクセ
   レント・ティーチャーズへのアンケート調査 / 質疑応答
   (参考5)北海道大学教育倫理綱領

4.国際シンポジウムのまとめとその後の展開
筑波大学・北海道大学共催2009年度国際シンポジウム《高等教育におけるプロフェッショナル・
ディベロップメント》のまとめ
                        ………………筑波大学 副学長 清水一彦
                              北海道大学 副学長 脇田 稔

結 語………細川 敏幸
   諸外国の大学改革の現状 / FDの将来像 / 大学院教育の将来像 / おわりに
   (参考6)国際シンポジウムプログラム


英語用語索引
日本語用語索引


●著者紹介

安藤 厚(アンドウ アツシ)
1947年生まれ
東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了
北海道大学名誉教授 元北海道大学大学院文学研究科教授

細川 敏幸(ホソカワ トシユキ)
1956年生まれ
北海道大学大学院環境科学研究科修士課程修了
北海道大学高等教育推進機構教授 医学博士(北海道大学)

山岸 みどり(ヤマギシ ミドリ)
1949年生まれ
ワシントン大学大学院博士課程修了
北海道大学高等教育推進機構教授
教育心理学Ph.D.(ワシントン大学)

小笠原 正明(オガサワラ マサアキ)
1943年生まれ
北海道大学大学院理学研究科修士課程修了
北海道大学名誉教授
元北海道大学高等教育機能開発総合センター教授
 工学博士(北海道大学)

ジョディ・D・ナイキスト(Jody D. Nyquist)
ワシントン大学授業開発研究センター名誉センター長

シ・ジンファン(Shi Jinghua)
清華大学教育研究院常務院長

イ・ヘジュン(Lee Hye-Jung)
ソウル国立大学教育学習センターeLearningサポート部長(2009年7月当時)

K・リン・テイラー(K. Lynn Taylor)
ダルハウジー大学学習教育センター長

リンダ・フォンヘーネ(Linda von Hoene)
カリフォルニア大学バークリー校大学院機構GSI教育資源センター長

サブリナ・ソラッコ(Sabrina Soracco)
カリフォルニア大学バークリー校大学院機構アカデミックサービス部長

ジュディス・アン・ウィメー(Judith Ann Ouimet)
インディアナ大学ブルーミントン校学士課程教育担当副学長補佐

山田 礼子(ヤマダ レイコ)
同志社大学社会学研究科教授,高等教育・学生研究センター長

石田 東生(イシダ ハルオ)
筑波大学システム情報系工学域教授,教育企画室長

宮本 陽一郎(ミヤモト ヨウイチロウ)
筑波大学人文社会科学系教授

トム・ガリー(Tom Gally)
東京大学教養学部附属教養教育開発機構特任准教授



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED