トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




近代沖縄における教育と国民統合
近藤健一郎著

判型: A5 上製
頁数: 358
ISBN: 978-4-8329-6541-6
Cコード: C3037
発行日:2006-02-28
定価: 6,380円 (本体価格5,800円+税)

在庫あり
売り切れ
●本書の特徴

琉球処分(1879年)直後,学校が「大和屋」と呼ばれた時代から,沖縄戦時下(1945年)に至る近代沖縄における教育政策の展開とその実態を,沖縄人の生活の変貌,そして統合・大和化という視点から解明し,併せて近代沖縄教育史の時期区分論をも提示する意欲作.
●目次

序 章 本書の課題と方法
第一節 これまでの近代沖縄教育史研究と本書の課題
 (一) 本書の関心
 (二) 同時代史としての研究
 (三) アメリカ占領下の沖縄における研究
 (四) 大和における研究
 (五) 一九七〇年代半ば以降の研究
 (六) 沖縄教育史研究の位置づけをめぐって
 (七) 本書の課題
第二節 近代沖縄教育史の時期区分論と本書の方法・構成
 (一) これまでの研究の時期区分
 (二) 近代沖縄教育史の時期区分に関する予備的考察
 (三) 本書の方法・構成

第一章 学校が「大和屋」と呼ばれた頃──琉球処分直後の学校──
第一節 本章の課題
第二節 琉球処分前後の沖縄教育政策
 (一) 「教育ト勧業トノ二ツヲ注意スヘシ」
 (二) 「漸次旧規ヲ改良シ教育ヲ普及ナラシメ度」
第三節 琉球処分直後の学校設置
 (一) 会話伝習所
 (二) 首里中学校
 (三) 小学校
第四節 沖縄人の就学状況と就学督励の実施
 (一) 沖縄人の就学状況
 (二) 沖縄人への就学督励
 (三) 中頭小学校開校時の就学者
第五節 「大和屋」としての学校
 (一) 会話科と『沖縄対話』
 (二) 風俗の大和化
小  括

第二章 旧慣存続期における沖縄教育政策の模索
第一節 本章の課題
第二節 山県有朋による「便宜教育」の提唱(一八八六年)
 (一) 山県有朋の沖縄視察
 (二) 山県の沖縄観──「沖縄ハ我南門」
 (三) 山県の沖縄教育方針──「頑陋ノ精神ヲ一変スル」ための教育
 (四) 旧慣存続による沖縄統治の主張
 (五) 殖産への注目
第三節 一木喜徳郎による「教育ノ普及」の提唱(一八九四年)
 (一) 一木喜徳郎の沖縄視察
 (二) 旧慣改革による沖縄統治の主張
 (三) 一木喜徳郎の沖縄教育方針
 (四) 日清戦争直後の沖縄教育政策の展開へ
小  括
第三章 「他府県並み」への回路としての教育(一)──徴兵令施行と教育──
第一節 本章の課題
第二節 沖縄における徴兵令施行と徴兵適齢者の断髪
 (一) 徴兵義務の強調と沖縄人の入営
 (二) 忠君愛国の指標としての断髪
第三節 徴兵当籤者教育の実施とその実態
 (一) 徴兵当籤者教育の開始
 (二) 徴兵当籤者教育の実態
 (三) 徴兵当籤者教育の展開
第四節 徴兵忌避撲滅策と教育機関
 (一) 沖縄における徴兵忌避に関する陸軍省の認識
 (二) 沖縄県庁の徴兵忌避撲滅策
小  括 第四章 「他府県並み」への回路としての教育(二)──日清戦争後における風俗改良──
第一節 本章の課題
第二節 教育関係者による就学・出席督励と父兄懇談会の実施
 (一) 就学・出席督励と就学率の上昇
 (二) 教育関係者による家庭と地域への注目
 (三) 父兄懇談会の開始
第三節 学校による風俗改良への取り組み
 (一) 女性教員の和装
 (二) 女子児童の和装への転換とその実態
 (三) 風俗改良の論理と方法
小  括

第五章 「琉球人お断り」を克服するために──移民・出稼ぎの奨励と教育──
第一節 本章の課題
第二節 第一七回沖縄県初等教育研究会の開催
 (一) 移民者に対する教育の提唱
 (二) 第一七回沖縄県初等教育研究会施行要項
第三節 『島の教育』の構成と内容
 (一) 『島の教育』の構成
 (二) 『島の教育』の特徴
第四節 移民・出稼ぎの奨励と風俗改良
 (一) 小学校教育
 (二) 移民者に対する直前講習
小  括

第六章 アジア太平洋戦争下の標準語励行運動
第一節 本章の課題
第二節 「いつでもどこでも標準語」
 (一) 標準語励行運動の意図
 (二) 小学校における標準語励行の方法とその問題
 (三) 標準語励行の継続的実施へ
 (四) 小学校における「正しい」標準語の励行
 (五) 小学校における標準語励行と方言札
 (六) 地域における標準語励行
 (七) 標準語励行と大東亜共栄圏
小  括

第七章 沖縄戦における児童生徒の排除と動員
第一節 本章の課題
第二節 国民学校児童の沖縄からの「引揚」
 (一) 沖縄県庁による「引揚」の指示
 (二) 国民学校による児童への勧奨
 (三) 財政措置・教育措置とその所管
第三節 中等・師範学校生徒の戦場動員
 (一) 沖縄戦準備への動員
 (二) 軍による通信訓練と看護訓練の実施
 (三) 中等・師範学校生徒の「引揚」
 (四) 学徒隊の編成と軍への編入
 (五) 軍命に身を律して
 (六) 解散命令と生への欲求
小  括

終 章 まとめと今後の課題

参考文献
あとがき
追  記
人名索引
事項索引
●著者紹介

近藤 健一郎(コンドウ ケンイチロウ)
1967年 千葉県市川市生まれ
1990年 北海道大学教育学部卒業
1996年 北海道大学大学院教育学研究科博士後期課程修了 博士(教育学)
現在 愛知県立大学文学部助教授
主要論文  
「沖縄における移民・出稼ぎ者教育」
 (日本教育学会『教育学研究』第62巻第2号、1995年)
「沖縄戦における中等・師範学校生徒の戦場動員」
 (教育史学会『日本の教育史学』第39集、1996年)
「日清戦争後の沖縄における学校と地域」
(千葉昌弘・梅村佳代編『地域の教育の歴史』、川島書店、2003年、分担執筆)
「学校記念誌にみる近代沖縄における方言札」
(南島史学会『南島史学』第63号、2004年)
「宮良長包作詞作曲「発音唱歌」(1919年)とその周辺(上)」
(沖縄国際大学南島文化研究所『南島文化』第28号、2006年)



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED