トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




北海道農業の地帯構成と構造変動
岩崎 徹・牛山 敬二編著

判型: A5 上製
頁数: 546
ISBN: 978-4-8329-6571-3
Cコード: C3061
発行日:2006-02-25
定価: 10,450円 (本体価格9,500円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

1980年代後半以降の農業グローバリズム=「農業国際化」の本格的展開のなかで,北海道農業がどのような変化を遂げたのかを,1970年代にほぼ形成された農業の地帯構成(水田型地帯・畑地型地帯・草地型地帯・中山間地帯)との関連で解明した,現段階における北海道農業論の集大成。
●目次

 はしがき

序 章 北海道農業論と分析視角
 第一節 本書の課題と視角
 第二節 北海道農業論と地帯構成論の課題
   一 北海道農業分析の視座
   二 辺境論と今日の地帯構成
   三 農業地帯構成論への視角
 第三節 構造変動の規定要因
   一 「農業グローバリズム」の本質
   二 農業グローバリズムと北海道農業

第一編 農業地帯の形成過程

第一章 地帯構成とその形成要因
 第一節 一九五〇年代における北海道農業の到達点
   一 第二次大戦期までの北海道農業の展開
   二 一九五〇年代の北海道農業の基本骨格
   三 一九五〇年代の地域開発序列と規模格差
 第二節 農業地帯の形成と地域開発序列
   一 水田型地帯の流域構造の変化
   二 畑地型地帯の拡大と開発序列
   三 戦後開拓と草地型地帯
 第三節 農業地帯構成の枠組みとその変化
   一 農業地帯構成の枠組み
   二 旧開・新開地域と政策受容
   三 各農業地帯における旧開・新開地域の経済的地位の変化
 第四節 北海道の農業集落類型と農家の階層構成
   一 農事実行組合型と戦後開拓型
   二 集落類型と農地移動調整
 第五節 地帯構成と農協
   一 「開発型」農協の特質と地域性
   二 農協と集落類型
 第六節 地帯構成とその変動

第二章 主要農業地帯の形成──構造変動前の枠組み
 第一節 水田型地帯──石狩川流域農業
   一 戦後稲作農業の形成と農協
   二 旧開地域における集落を基盤とした地域農政の展 開
   三 新開地域における戦後開拓入植と個別展開
 第二節 畑地型地帯──十勝農業と網走農業
   一 戦後畑作農業の展開
   二 十勝地域・網走地域農業の地域分化
 第三節 草地型地帯──根室農業
   一 草地型酪農の展開構造──根室地域と宗谷地域
   二 新酪事業による根室地域開発とその性格
 第四節 中山間地帯
   一 北海道中山間地帯農業の独自性
   二 中山間地帯農業の形成

第二編 構造変動と主要農業地帯の内部構成

第三章 水田型地帯の構造変動──石狩川流域
 第一節 一九九〇年代以降における構造変動と規定要因
   一 グローバリズムと北海道水田型地帯
   二 構造変動の規定要因──米政策の変化と北海道 農業
   三 北海道水田型地帯の構造変動と地域格差
   四 本章の構成
 第二節 下流域における農業構造の変動──南幌町
   一 規模拡大と農業開発公社の機能
   二 転作の動向と経営規模・地域間格差
   三 大規模地帯の離農の析出と規模拡大──栄進地 区
   四 中規模地帯における規模拡大と多様化──西幌地区
 第三節 中流域における農業構造の変動──秩父別町
   一 秩父別農業の特徴
   二 秩父別農業の構造変化
   三 集落レベルにおける農家の階層構成
   四 小  括
 第四節 上流域における農地賃貸借の展開──当麻町
   一 当麻町の概況と農業構造
   二 調査対象集落における農業構造の動向と大規模農家の性格
   三 農地移動の動向
 第五節 石狩川流域における構造変動の諸相
   一 土地持ち非農家の存在形態
   二 農家兼業の存在形態
   三 転作対応の地域性とその性格
 第六節 地域農業の再編と農協の機能
   一 流通再編下における農協の米集荷・販売対応
   二 農協主導の野菜産地形成
   三 農協による地域営農システムの展開
 第七節 北海道における水田作の課題
   一 主な調査対象地域の構造転換の小括
   二 生産の課題
   三 販売・流通の課題
   四 小  括 第四章 畑地型地帯の構造変動──十勝農業を中心に
 第一節 一九九〇年代以降における構造変動と規定要因
   一 北海道畑作をめぐる諸政策
   二 勝農業の構造変動
   三 地域別の構造変動
   四 生産農業所得からみた畑作経営の到達点
   五 本章の課題と構成
 第二節 中央部・集約畑作経営の動向
   一 集約畑作地帯における階層変動
   二 畑作経営における野菜導入の特質
   三 野菜産地形成の特徴と市場対応の方向
 第三節 周辺部・大規模畑作経営の特質
   一 大規模畑作地帯における階層変動
   二 大規模畑作経営の性格
 第四節 畑地型酪農の特質
   一 十勝酪農の地帯構成
   二 畑地型酪農の経営展開
   三 十勝山麓部における経営外部化による酪農経営展開
   四 畑地型酪農の特質
 第五節 十勝農業の変動と地域農業の対応
   一 大規模化・集約化の推進要因
   二 農協の事業運営と収益構造
 第六節 網走畑作の構造変動
   一 中規模網走畑作の経営対応
   二 野菜産地形成と農協の対応
 第七節 北海道における畑地型農業の課題
   一 畑地型農業の到達点
   二 畑地型農業の課題

第五章 草地型地帯の構造変動──根室農業を中心に
 第一節 一九九〇年代以降における構造変動と規定要因
   一 構造変動の規定要因
   二 構造変動の地域性と開発投資
   三 本章の構成
 第二節 生産技術の到達点と地域性
   一 根室酪農の位置と性格
   二 根室内部における地域性
 第三節 飼養管理技術の地域性と格差構造
   一 根室地域の乳牛飼養の動向
   二 中春別農協管内における地域性と技術構造
 第四節 多頭化と土地利用の地域性
   一 入植グループ別の特徴
   二 フリーストールによる大規模酪農の特徴
   三 大規模フリーストールにおける経営条件への対応
   四 土地利用の地域性
 第五節 フリーストール牛舎による多頭化の効果と課題
   一 規模拡大の動向
   二 フリーストール牛舎導入農家の特徴
   三 農家間格差の要因
   四 多頭化の課題
 第六節 放牧による低コスト化への動き
   一 放牧の動向
   二 放牧の効果
   三 経営改善の経過
   四 経営改善の条件
 第七節 草地型酪農の到達点と今後の課題
   一 草地型酪農の到達点
   二 九〇年代における多頭化の論理
   三 草地型地帯における課題


第六章 中山間地帯農業の構造変動──上川山間・下川町を中心に
 第一節 中山間地帯における農用地利用再編の問題構図
   一 中山間地帯農業に対する関心の低さ
   二 北海道中山間地帯の条件不利性
   三 地域農業の異質的構成と農用地利用
 第二節 農用地利用再編とその牽引車
   一 酪農の展開と農用地利用再編
   二 農協主導による農用地利用再編
   三 野菜作の導入による農用地利用の再編
 第三節 北海道における中山間地帯農業の課題

終 章 北海道農業の構造的特質と課題
 第一節 北海道農業の構造
   一 都府県農業との異質性
   二 北海道農業の基本的性格
 第二節 北海道農業の到達点と課題
   一 農業地帯構成と経営形態
   二 水田経営
   三 畑作経営
   四 酪農経営
   五 農協の支援体制
 第三節 北海道における農地所有の性格と農地問題
   一 北海道における農地所有の性格
   二 北海道農業の課題と農地問題
   三 新たな農地政策への提言
 第四節 新たな北海道農業構築のために

 あとがき
 執筆者一覧
●著者紹介

岩崎 徹(イワサキ トオル)
1943年生まれ
札幌大学経済学部教授
主 著
『農業雇用と地域労働市場―北海道農業の雇用問題』<編著>(北海道大学図書刊行会,
1997年)
『農業問題 学び教えられ』(北海道協同組合通信社,2003年)
『馬産地80話―日高から見た日本競馬』(北海道大学出版会,2005年)

牛山 敬二(ウシヤマ ケイジ)
1933年生まれ
北海道大学名誉教授,元つくば国際大学教授
主 著
『農民層分解の構造―戦前期』(御茶の水書房,1975年)
『経済構造調整下の北海道農業』<編著> (北海道大学図書刊行会,1991年)
「戦後改革期の農村社会」<戦後日本の食料・農業・農村,第11巻『農村社会史』欺蠎>
(農林統計協会, 2005年)



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED