トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




標本調査法の生成と展開
木村和範著

判型: A5 上製
頁数: 334
ISBN: 978-4-8329-6211-8
Cコード: C3033
発行日:2001-11-10
定価: 4,180円 (本体価格3,800円+税)

品切れ・重版未定
売り切れ
●本書の特徴

標本調査理論をめぐる国際的論争を歴史的に追究.米英から北欧まで,広範な国と言語を対象に原典を跋渉するなかで,キエールからネイマンにいたる理論の発展史上におけるミッシングリンクに挑む意欲作.
●目次

第 1章  キエールの代表法
第 2章  1903年国際統計協会ベルリン大会
第 3章  ドイツ標本調査論争
補  論  イェンセンの代表法第 4章  ボーレーのレディング市労働者調査
第 5章  1925年イェンセン・レポートとボーレー=イェンセン論争
第 6章  ジーニの代表法
第 7章  ティペットの乱数表
第 8章  ネイマンの標本調査論
●著者紹介

木村 和範(キムラ カズノリ)
北海学園大学経済学部教授 (統計学専攻)
主要著書:
『経営統計学』 (共著,北海道大学図書刊行会,1980)
『統計的推論とその応用』 (梓出版社,1992)
『統計学の思想と方法』 (統計と社会経済分析供 (共編,北海道大学図書刊行会,2000)
主要訳書:
ホグベン著 『統計の理論』 (梓出版社,1986)



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED