トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




ドイツ・ユニバーサルバンキングの展開
大矢繁夫著

判型: A5 上製
頁数: 270
ISBN: 978-4-8329-6161-6
Cコード: C3033
発行日:2001-03-25
定価: 5,170円 (本体価格4,700円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

歴史上一貫してユニバーサルバンクとして展開してきたドイツの銀行の経済的能力を, 投資銀行・証券会社機能と商業銀行機能に分けて分析.銀行の権力を支えるシステムの考察を通して,グローバルな市場で巨大化・寡占化する金融機関の経済活動の拡がりを探る.
●目次

序 章  課題と構成

第1部  証券関連業務・活動の展開
第1章  第1次大戦前における銀行の証券信用業務
第2章  1920年代・通貨安定後における証券信用
第3章  株式市場とユニバーサルバンク―1990年代の構図
第4章  ユニバーサルバンクの証券関連業務

第2部  マルク建て決済システムの拡張
第5章  銀行集中と国内支店網・決済網の拡充―1920年代を中心に
第6章  ドイツの銀行の国際業務と「マルク国際化」―「第1次マルク国際化」
第7章  1930・40年代の為替清算システムとドイツの銀行―「第2次マルク国際化」
第8章  第2次大戦後におけるドイツの銀行の胃国際的進出
第9章  マルクの国際化―「第3次マルク国際化」
●著者紹介

大矢 繁夫(オオヤ シゲオ)
西南学院大学商学部教授などを経て
小樽商科大学商学部教授.
主  著:
酒井一夫・西村閑也編『比較金融史研究』<分担執筆>(ミネルヴァ書房,1992)
村岡俊三・佐々木隆生編『構造変化と世界経済』<分担執筆>(藤原書店,1993)



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED