トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




経済学方法論の形成 ― 理論と現実との相剋 1776-1875
佐々木憲介著

判型: A5 上製
頁数: 362
ISBN: 978-4-8329-6151-7
Cコード: C3033
発行日:2001-02-25
定価: 6,820円 (本体価格6,200円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

古典派の経済学者たちは、自分たちの研究手続きをどのように自覚していたのか、またその方法論は実際の研究手続きとどのように対応していたのか。シーニア、ミル、ケアンズを中心に、現代にも通じる諸論点を詳細に検討する。
●目次

第1章  アダム・スミスの「ニュートン的方法」
第2章  リカードウの「顕著な場合」
第3章  マルサスの「帰納法」
第4章  経済学の課題と領域
第5章  帰納法と演繹法
第6章  理想化の方法
第7章  経済学の基本前提
第8章  行為と制度
第9章  論証の方法
第10章  理論と現実
●著者紹介

佐々木 憲介(ササキ ケンスケ)
北海道大学大学院経済学研究科教授.経済学史・経済思想・経済学方法論専攻.



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED