トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




経済構造調整下の北海道農業
牛山敬二・七戸長生編

判型: A5 上製
頁数: 502
ISBN: 978-4-8329-5441-0
Cコード: C3061
発行日:1991-01-25
定価: 6,600円 (本体価格6,000円+税)

品切れ・重版未定
売り切れ
●本書の特徴

基本法農政を達成した唯一の地域=北海道は,農産物自由化を中心とする農政の転換により危機的状況にある.外圧の嵐の中で,最後の農業基地北海道に残された道はなにか,本書は1986年以来3年間の詳細な実態調査に基づいた,この問題への具体的で説得力ある回答である.
●目次

序  章  課  題

第1編  地域農業の構造変動
第 1章  北海道における農産物市場の現局面
第 2章  生産調整下の地域農業
第 3章  農村構造の変貌と集落機能
第 4章  農村諸組織の特質と展開

第2編  生産力の変革と構造問題
第 5章  土地利用型農業の到達点と新たな模索
第 6章  開発と土地問題の現段階
第 7章  負債の累積構造と克服の条件
第 8章  労働市場の変化と地域農業再編
第 9章  地域農業の転換と農協

終  章  総括―構造転換の可能性
●著者紹介

牛山 敬二(ウシヤマ ケイジ)
東京経済大学教授
主要著書
『農民層分解の構造―戦前期』(御茶ノ水書房,1975)
『日本資本主義と農業保護政策』(暉峻衆三編,共著)(御茶ノ水書房,1990)

七戸 長生(シチノヘ チョウセイ)
北海道大学名誉教授
主要著書
農業機械化の動態過程 (農業総合研究所,1974)
新しい農村リーダー (農山漁村文化協会,1987)
日本農業の経営問題―その現状と発展論理 (北海道大学図書刊行会,1988)



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED