トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細



スラブ・ユーラシア叢書 12
北西ユーラシアの歴史空間 ― 前近代ロシアと周辺世界
小澤 実・長縄宣博編著

判型: A5 並製
頁数: 342
ISBN: 978-4-8329-6821-9
Cコード: C3022
発行日:2016-03-31
定価: 3,888円 (本体価格3,600円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

前近代ロシア世界を、ロシアないしスラブの枠内ではなく、西アジア・地中海世界、中央ユーラシア、スカンディナヴィアなどの史料を通して論ずる意欲的試み。
史料論としての立場から、新しい多様で豊かな北西ユーラシア史像を描き出す。
●目次


まえがき

序 章 北西ユーラシア歴史空間の射程……………………………………………………小澤 実
 一 北西ユーラシア歴史空間とは
 二 越境研究と境域の史料
 三 本書の構成

第一部 異文化集団との接触(9世紀から14世紀)

第一章 《総論》統一国家成立までのロシア………………………………………………宮野 裕
 一 国家形成前夜の東スラヴ地域
 二 キエフ・ルーシの成立と発展における開放性
 三 キエフ・ルーシの解体と近隣諸国
 四 モンゴル支配下のルーシ
 五 モスクワの台頭
 読書案内

第二章 アラビア語史料に記録された北西ユーラシア世界………………………………家島彦一
    ――とくにイブン・ファドラーン『報告書』による――
 一 北西ユーラシア世界のダイナミズム  
 二 北西ユーラシア世界に関するアラビア語史料  
 三 イブン・ファドラーン『報告書』に記録された北西ユーラシア世界  
 四 『報告書』研究の可能性  

第三章 キエフ・ルーシ形成期の北西ユーラシア世界とスカンディナヴィア…………小澤 実
    ――ルーン石碑の検討を中心に――
 一 ヴァイキング世界の拡大とキエフ・ルーシ
 二 ルーシのエスニシティ生成をめぐる視座
 三 ルーン石碑と「東方」
 四 スカンディナヴィア人にとっての北西ユーラシア
 五 北西ユーラシア境域論の可能性

第四章 ロシア/ビザンツ緩衝地帯の蛮族観について……………………………………草生久嗣
    ――12世紀ビザンツ史書におけるペチェネーグを題材に――
 一 ビザンツの歴史叙述
 二 ビザンツ帝国のロシア観
 三 ペチェネーグとビザンツ帝国
 四 ペチェネーグの消滅
 五 歴史家アンナ・コムネナのペチェネーグ問題
 六 ペチェネーグ後の北西ユーラシア

第五章 コンスタンティノープルのストゥディオス修道院とルーシの修道士…………橋川裕之
    ――正教文化の伝播について――
 一 ベロオゼロから
 二 ペチェルスキーとストゥディオス
 三 一四世紀のルーシとストゥディオス
 四 二つの民族と一つの世界

第二部 チンギス裔とオスマン朝からの視線(15世紀から17世紀)

第六章 《総論》「ロシア帝国」への道のり………………………………………………濱本真実
 一 草原の支配者としてのロシア
 二 「キエフの遺産」の回復、あるいは征服
 三 全正教徒の守護者としてのツァーリ――オスマン帝国との対立へ
 読書案内

第七章 15世紀ジョチ朝とモスクワの相互認識………………………………川口琢司・長峰博之
    ――ロシア語訳テュルク語文書を中心に――
 一 四通のロシア語訳テュルク語文書
 二 第一文書 エディゲイからヴァシーリー・ドミートリエヴィチ大公への書簡
 三 第二文書 アフマトからイヴァン・ヴァシーリエヴィチ大公への勅許状または書簡
   第三文書 ムルトザからイヴァン・ヴァシーリエヴィチ大公への勅許状または書簡
   第四文書 ムルトザからヌルドヴラトへの書簡
 四 15世紀ジョチ朝とモスクワの相互認識

第八章 ペルシア語・チャガタイ語諸史料に見えるモンゴル王統系譜とロシア………赤坂恒明
 一 中世ロシアとの関係が深いモンゴル諸王統
 二 ジョチ裔に関するペルシア語・チャガタイ=テュルク語系譜史料
 三 『ムイッズル=アンサーブ』のジョチ裔系譜情報より
 四 『勝利の書なる選ばれたる諸史』(『TGNN』)のジョチ裔系譜情報より
 五 ロシア系譜書におけるタタール系譜
 六 「ハン国」という通説的概念の相対化

第九章 オスマン朝におけるヨーロッパ認識の伝統と革新……………………………小笠原弘幸
    ――17世紀中葉以前の北西ユーラシア観を中心に――
 一 オスマン朝と北西ユーラシア
 二 北西ユーラシア地域に関する用語
 三 古典的ムスリム地理学の継承と総合――16世紀後半における北西ユーラシア認識
 四 古典的見解の克服と新しい知見――17世紀半ばにおける北西ユーラシア認識の展開
 五 北西ユーラシア認識の転換

終 章 ロシア近現代史の視点から…………………………………………………………長縄宣博
 一 問題発見の場としてのユーラシア
 二 その後の北西ユーラシア――ヴォルガ・ウラル地域と右岸ウクライナ
 三 ロシア帝国とオスマン帝国
 四 ウクライナ危機によせて

人名索引
事項索引


●著者紹介

小澤 実(オザワ ミノル)
所  属:立教大学文学部准教授
専門分野:北欧中世史、西洋中世史
主要著作:『辺境のダイナミズム(ヨーロッパの中世3)』岩波書店、2009年(薩摩秀登・林邦夫と共著)、『アイスランド・グリーンランド・北極を知るための65章』明石書店、2016年(中丸禎子・高橋美野梨と共編著)

長縄 宣博(ナガナワ ノリヒロ)
所  属:北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター准教授
専門分野:中央ユーラシア近現代史 ロシアのイスラーム
主要著作:『越境者たちのユーラシア(シリーズ・ユーラシア地域大国論5)』ミネルヴァ書房、2015年(共編)、Volgo-Uralʼskii region v imperskom prostranstve: XVIII-iXX vv.(Moscow: Vostochnaia Literatura, 2011)(共編)



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED