トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細



北海道大学大学院文学研究科研究叢書  5
19世紀パリ社会史 ― 労働・家族・文化
赤司道和著

判型: A5 上製
頁数: 266
ISBN: 978-4-8329-6431-0
Cコード: C3022
発行日:2004-02-27
定価: 4,950円 (本体価格4,500円+税)

品切れ・重版未定
売り切れ
●本書の特徴

1815〜60年,フランスが近代市民社会確立への地歩を固めつつあった時代のパリの労働者の労働と日常生活の諸相を,労働者家族を分析軸に検討,復古王政期以降の救貧, 家族政策を工業化の進展過程で顕在化した社会対立の深化の中で捉え直す.
●目次

はじめに

序 章 家族と市民的秩序
    1.救貧政策と家族
    2.労働問題と社会調査

第一章 パリの工業と手工業労働者
 1 仕立工・印刷工・大工の三家族
    1.家族と労働
    2.手工業労働者のライフサイクル
 2 仕立工・印刷工・大工の職能集団
 3 パリ――発展する手工業都市
    1.フランス産業革命と手工業の発展
    2.パリの工業生産と労働者
    3.パリ手工業の生産構造の変容

第二章 労働者家族のなりたち
 1 家族・ジェンダー・賃労働
    1.家族協業と手工業労働者の社会的上昇
    2.女性労働と賃金理論
 2 ブルジョワ家族と労働者家族
    1.ナポレオン法典の家族制度
    2.労働者家族の家政と家族問題

第三章 日常生活と労働の文化
 1 生活習慣と労働の絆
    1.消費生活と居酒屋
    2.相互扶助と仕事仲間
 2 労働習慣と労働者教育
    1.労働習慣と仕事場の規律
    2.労働者教育の諸側面
 3 仕事場と居酒屋の文化と政治
    1.居酒屋と労働運動
    2.読書と詩歌
    3.批判的社会意識の形成――家族観と労働観

おわりに
注


あとがき
史料と文献
索 引


●著者紹介

赤司 道和(アカシ ミチカズ)
1948年生まれ
1972年 東京教育大学文学部史学科卒業
1979年 パリ第7大学大学院博士課程修了
1981年 立教大学大学院文学研究科博士課程退学
現在 北海道大学大学院文学研究科教授

【主論文】
「二月革命期のパリの労働者の社会的構成」『史苑』35-2,1975年
「七月王政下の《労働者文化》の一断面――パリ男子服仕立工を中心に」『史苑』40-1,1980年
「フランス七月王政期の当同社生産共同組合運動」『北海道大学文学部紀要』44-2,1995年
「19世紀パリの労働者家族」若尾祐司編著『近代ヨーロッパの探求 2 家族』ミネルヴァ書房,1998年




北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED