トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




朝天虹ヲ吐ク ― 志賀重昂『在札幌農學校第貳年期中日記』
亀井秀雄・松木 博編著

判型: A5 上製
頁数: 490
ISBN: 978-4-8329-5961-3
Cコード: C3090
発行日:1998-06-10
定価: 8,250円 (本体価格7,500円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

やまなし文学賞受賞。
名著『日本風景論』で知られる志賀重昂の若き日の日記を,可能な限り正確に翻刻して解説を付し,明治期の知識人の思想 ・精神形成の軌跡を辿る意欲作.ナショナリズムの再検討が進められる現在,日本近代国家の制度化と植民地形成との関わりを明らかにするための基本文献ともいえよう.
●目次

まえがき


 第吃堯’悄〃

第1章 志賀重昂の位置………亀井秀雄
     1 志賀重昂の足跡
     2 <インター>ナショナリズムの問題
     3 札幌農学校の特色
     4 志賀日記の意味

第2章 初期札幌農学校の状況………松木 博
     1 札幌農学校の成立まで
     2 札幌農学校の生活
     3 札幌農学校と周囲の変化


 第局堯)盜錣伐鮴

『在札幌農學校第貳年期中日記』

『日記』解説………亀井秀雄
     1 卒業式(明治14年7月9日)
     2 「開拓」史遡行(明治14年7月)
     3 空白の天皇巡幸と政争の波 (明治14年10月〜12月)
     4 学習の実態(明治15年1月〜3月)
     5 志と詩(明治15年1月〜3月)
     6 小樽行その他(明治15年4月)
     7 民権運動と民衆(明治15年4月〜5月)
     8 祝 祭(明治15年6月)
     9 明治16年以降および雑録(明治16年1月〜17年9月)


 第敬堯仝Αゝ

第1章 志賀日記における実学と文学………松木 博
     はじめに
     1 読書環境と「実学」教育
     2 「文学」意識の確立

第2章 志賀日記と言説空間………亀井秀雄
     はじめに
     1 『シドニー・エコー』の記事
     2 加藤弘之の問題提起と「一寒生」の反応
     3 解剖学教師カッターの場合
     4 志賀重昂のポジション
     5 Furzeの意味するもの


付 録 『在札幌農學校第貳年期中日記』人物誌………亀井秀雄
主要参考文献

あとがき


●著者紹介

亀井 秀雄(カメイ ヒデオ)
北海道大学文学部教授
主要著書:小林秀雄論(塙書房,1972)
     個我の集合性―大岡昇平論(講談社,1977)
     身体・表現のはじまり(れんが書房新社,1982)
     感性の変革(講談社,1983)
     身体・この不思議なるものの文学(れんが書房新社,1984)
     戦争と革命の放浪者 二葉亭四迷(新典社,1986)

松木 博(マツキ ヒロシ)
大妻女子大学短期大学部助教授
主要著書:森鴎外「スバル」の時代(分担執筆,双文社,1997)



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED