トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細



北海道大学大学院文学研究科研究叢書 22
日本語統語特性論
加藤 重広著

判型: A5 上製
頁数: 318
ISBN: 978-4-8329-6778-6
Cコード: C3081
発行日:2013-03-29
定価: 6,600円 (本体価格6,000円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

日本語は言語としてどのような特性を有しているのか。品詞体系、格助詞の変化、述部構造の境界性、形容詞の特性などを、言語類型論あるいは通言語学的な観点から分析。従来の見解に検証を加えながら、新たな研究成果を活用して分析を加え、独自の新たな知見を提案する。
●版元から

日本語の文法的特徴を一般言語学的な観点から考察した論文集。受動構文を昇降格の点で対称と非対称に分けて整理記述すること、また、二重ヲ格が形態論的にでなく意味的に制約されること、述部複合に弱境界と強境界が設定できるアと、など新たな研究成果を含む、意欲的な論考集になっている。
●目次

第1章 日本語の品詞体系の通言語学的課題
 1 はじめに
 2 日本語における接続詞
 3 日本語における連体詞
 4 助動詞に見る機能主義
 5 複合助詞の扱い
 6 形容動詞という範疇と品詞体系
 7 日本語品詞論における機能と形態の位置づけ方

第2章 日本語における昇格と降格
 1 日本語における後置詞
 2 格助詞の階層と格の昇降
 3 昇格と降格を生じさせる構文特性
 4 昇格と降格に見る構文特性

第3章 日本語の受動構文
 1 昇降機から見る受動文のタイプ
 2 動詞と非対称受動文のタイプ
 3 迷惑性の解釈
 4 まとめ

第4章 日本語における文法化と節減少
 1 主要部後置と文法化
 2 文法化と単文化
 3 連体修飾節を含むタイプの機能単位
 4 有派生タイプと一般名詞の文法化
 5 連体修飾を含まない文法化のタイプの整理
 6 日本語の類型的特性と非節化
 7 終わりに

第5章 日本語の述部構造と境界性
 1 問題点の整理
 2 膠着要素の出現制約
 3 述部複合要素の出現制約
 4 境界と統合性
 5 まとめ

第6章 二重ヲ格制約論
 1 本章の目的
 2 二重ヲ格制約の意味
 3 構造的制約と統語的中和
 4 まとめ

第7章 対象格と場所格の連続性
 1 「を」の助詞用法
 2 格助詞の「を」
 3 連続性と派生関係
 4 結びに

第8章 基幹格としての「が」の特性
 1 助詞の特性と分類
 2 構文的特性とガ格

第9章 日本語形容詞の通言語学的考察
 1 はじめに
 2 動詞型と名詞型のあいさ
 3 軽動詞アルの関与
 4 形容詞のモダリティと構文
 5 まとめと検討すべき問題


参考文献
あとがき
索 引


●著者紹介

加藤 重広(カトウ シゲヒロ)
北海道大学大学院文学研究科教授
1964年生。専門は,言語学(日本語文法論,語用論)。東京大学文学部言語学科卒,同大学院博士課程(言語学専攻)修了。博士(文学)。富山大学人文学部講師,同助教授,北海道大学大学院文学研究科准教授を経て現職。主著に,『日本語修飾構造の語用論的研究』(ひつじ書房,2003年,第23回新村出賞受賞),『その言い方が人を怒らせる』(ちくま新書,2009年)など。



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED