トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細



北大文学研究科ライブラリ 11
新渡戸稲造に学ぶ ― 武士道・国際人・グローバル化
𢎭 和順・佐々木 啓編著

判型: 四六 並製
頁数: 284
ISBN: 978-4-8329-3391-0
Cコード: C1091
発行日:2015-05-29
定価: 1,980円 (本体価格1,800円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

新渡戸稲造ってどんな人? 『武士道』ってどんな本? ――新渡戸稲造や『武士道』について興味はあるけどよく知らないというあなたも,そんなのけっこう知ってるよというあなたも,きっと満足するにちがいない,コンパクトで深い内容の1冊! 新渡戸の母校の後身,北海道大学の文学研究科で教える先生たちが中心になり,新渡戸と『武士道』をわかりやすく,深く解説! 今日における「国際人」や「グローバル化」の意味を検討したパネルディスカッションの記録も収録。

* * *

本書は三部構成です。第一部では,『武士道』の内容や新渡戸の信仰といった基本的な情報を丁寧にまとめます。新渡戸が考える理想的な日本人像を投影したものとしての「武士道」,儒教や中国古典にかんする新渡戸特有の理解,実践的倫理としてキリスト教を受容しつつ,自身の信仰について多くを語らない新渡戸の姿勢,といったテーマが議論されます。第二部では,国際人としての新渡戸の姿を,ユニークで,ときに批判的な視点から見つめ直します。日本におけるキリスト者という特異な立場から,当時の国際社会を相手に日本文化を紹介したことの意味,新渡戸を含めた札幌農学校関係者のエピソードから見た,普段はあまり意識されないような国際化の諸相,日本の植民地支配に対する新渡戸の評価を介して見えてくる,愛国心と国際心の調和という課題の困難,といったテーマが考察されます。第一部と第二部を読めば,新渡戸と『武士道』についてちょっとした専門家になれるかも!
第三部は、もし新渡戸が生きていたなら,熱くなって参加したいと思ったかもしれない!?,そういったパネルディスカッションの記録です。ここでは,新渡戸の時代から時計の針を進めて,いまのグローバル化の時代において国際人であることの意味を検討します。外国語の学習,外国における他者との関係,教養の意味などが議論され,人文学の役割と可能性が問われます。さらに付録として,新渡戸の生きた時代の雰囲気を伝える略年表と,新渡戸にかんする読書案内を収録しています。
●目次

まえがき


 第吃堯/慧聾涌霏い函愽雹瞭察

第1章 日本人論としての『武士道』………山本博文
 はじめに
 1 新渡戸が『武士道』を書いた理由
 2 道徳体系としての武士道
 3 武士道の源泉と徳目
 4 外国人の誤解を解く五章
 5 理想的日本人論としての『武士道』
 6 もうひとつの武士道
 7 日本文化論の嚆矢としての『武士道』
 おわりに――現代人にとっての『武士道』

第2章 新渡戸稲造『武士道』と儒教………𢎭 和順
 はじめに
 1 新渡戸稲造の生涯
 2 『武士道』の執筆
 3 『武士道』の構成
 4 武士道の定義
 5 武士道の源泉
 6 武士道における徳目
 7 武士道における「義」
 8 武士道における「勇」
 9 武士道における「仁」
 おわりに

第3章 新渡戸稲造の宗教………佐々木 啓
 はじめに
 1 キリスト教徒、クエーカーの一員となるまで
 2 クエーカー
 3 クエーカーとしての新渡戸稲造
 4 新渡戸・宮部・内村と彼らの間――結論に代えて


 第局堯[鮖砲涼罎旅餾歐 新渡戸稲造

第4章 21世紀に読む『武士道』………トレント・マクシ
 はじめに
 1 『武士道』と現代の国際化
 2 新渡戸稲造の略歴
 3 『武士道』の世界
 4 新渡戸の「武士道」論
 5 「武士道」と身分制度
 6 「武士道」とキリスト教
 7 歴史の中の「武士道」
 おわりに

第5章 新渡戸稲造と札幌農学校の国際人………ミシェル・ラフェイ
 はじめに
 1 「積極的国際化」と「消極的国際化」
 2 『武士道』と『代表的日本人』による「積極的国際化」
 3 フォークと箸
 4 ブルックスと大豆
 5 内村ロード
 6 「制度に従わない」内村鑑三の影響
 7 国際結婚
 おわりに

第6章 新渡戸稲造にみる「国民的立場」と「人類的立場」の問題………権 錫永
 はじめに
 1 新渡戸稲造の日本理解の態度――自己弁護の態度
 2 新渡戸稲造の朝鮮理解の態度――「検事」の立場
 3 国際心に包まれた愛国心――人類の福利増進と日本の膨張との接点
 4 近代人のジレンマ――国民的立場と人類的立場、そして中道
 5 石橋湛山と矢内原忠雄の場合――むすびに代えて


 第敬堯.僖優襯妊スカッション

人文学研究のグローバル化とその可能性
     ………………トレント・マクシ、ミシェル・ラフェイ、権 錫永、日野峰子、白木沢旭児
 はじめに
 1 日本の国際化の現状
 2 グローバル化と海外留学
 3 グローバル化と外国語の学習
 4 グローバル化と「寂しさ」
 5 グローバル化とコミュニケーション
 6 他国におけるグローバル化
 7 グローバル化と日本人の国民性
 8 文学研究科・文学部の果たす役割
 9 グローバル化とリーダーシップ
 10 人文学研究の可能性


読書案内
新渡戸稲造略年譜
あとがき
写真・図出典一覧


●著者紹介

山本 博文(やまもと ひろふみ)
一九五七年岡山県生、東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。博士(文学)。現在、東京大学史料編纂所教授。著書に『赤穂事件と四十六士』(吉川弘文館、二〇一三年)、『歴史をつかむ技法』(新潮新書、二〇一三年)、『武士道の名著』(中公新書、二〇一三年)など。

𢎭 和順(ゆはず かずより)
一九五九年三重県生、北海道大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、北海道大学大学院文学研究科教授(中国文化論講座)。著書に『論語 珠玉の三十章』(大修館書店、二〇〇七年)、『概説 中国思想史』(分担執筆、ミネルヴァ書房、二〇一〇年)。

佐々木 啓(ささき けい)
一九五九年東京都生、北海道大学大学院文学研究科博士後期課程退学。現在、北海道大学大学院文学研究科教授(宗教学インド哲学講座)。著書に『中川秀恭先生八十五歳記念論文集 なぜキリスト教か』(分担執筆、創文社、一九九三年)、『聖と俗の交錯』(分担執筆、北海道大学図書刊行会、一九九三年)、訳書に『聖書解釈学』(ポール・リクール著、共訳、ヨルダン社、一九九五年)。

トレント・マクシ(Trent Maxey)
一九七四年鹿児島県生、アメリカ合衆国コーネル大学博士課程修了。Ph.D. 現在、アメリカ合衆国アマースト大学准教授(歴史)。著書に◆The◇ "Greatest Problem"◆: Religion and State Formation in Meiji Japan◇ (Harvard University Asia Center, 2014), ◆Re-Inventing Tokyo: Japan's Largest City in the Artistic Imagination◇ (contributing author, New England University Press, 2012).

ミシェル・ラフェイ(Michelle La Fay)
一九六七年アメリカ合衆国アイダホ州生、北海道大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。北海道教育大学旭川校を経て、二〇一四年四月より北海道大学大学院文学研究科特任准教授(国際交流室)。著書に『なまら内村鑑三なわたし││二つの文化のはざまで』(柏艪社、二〇一一年)、論文に「新渡戸稲造と内村鑑三の武士道」(『基督教學』第四十五号、二〇一〇年)。

権 錫永(クォン ソギョン)
一九六四年韓国生、北海道大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、北海道大学大学院文学研究科教授(歴史文化論講座)。著書に『オンドルの近代史││オンドルをめぐる朝鮮人の暮らしと歴史』(一潮閣〔ソウル〕、二〇一〇年)、『岩波講座文学 第二巻 メディアの力学』(分担執筆、岩波書店、二〇〇二年)、論文に「帝国主義と「ヒューマニズム」││プロレタリア文学作家を中心に」(『思想』第八八二号、一九九七年)。

日野 峰子(ひの みねこ)
一九五九年北海道生、北海道大学文学部卒業。現在、会議通訳者・ISSインスティテュート講師。二十年にわたり世界医師会総会および理事会での通訳を務める。ほかに日経フォーラム世界経営者会議、国連防災世界会議パブリックフォーラム等、年間二百二十日は会議通訳者として稼働するかたわら、二十五年にわたり後進の指導・育成にも精力的に取り組む。二〇〇八年より官公庁向け政策情報誌『毎日フォーラム』にコラムを連載中。ブログ「通訳クラブ」にも転載。

白木沢 旭児(しらきざわ あさひこ)
一九五九年宮城県生、京都大学大学院農学研究科博士課程単位取得退学。博士(経済学)。現在、北海道大学大学院文学研究科教授(日本史学講座)。著書に『大恐慌期日本の通商問題』(御茶の水書房、一九九九年)、『日中両国から見た「満洲開拓」││体験・記憶・証言』(共編著、御茶の水書房、二〇一四年)。



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED