トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細



北海道大学大学院文学研究科研究叢書 18
陳啓源の詩経学 ― 『毛詩稽古編』の研究
江尻徹誠著

判型: A5 上製
頁数: 216
ISBN: 978-4-8329-6728-1
Cコード: C3098
発行日:2010-03-31
定価: 6,160円 (本体価格5,600円+税)

在庫あり
カートに入れる:
●本書の特徴

明末清初の学者、陳啓源の主著『毛詩稽古編』は詩経研究の重要文献であるにも関わらず、その研究は閑却されてきた。本書はその成立や編纂の過程、詩経学の特色とその後世に及ぼした影響について、様々な観点から検討を加え解明を試みる。
●目次

序  章
 一 研究目的 
 二 先行研究と研究状況  
 三 研究対象  
  1 陳 啓 源  
  2 『毛詩稽古編』  
第一章 陳啓源『毛詩稽古編』成立とその流布
 はじめに  
 一 『毛詩稽古編』完成までの経緯  
 二 『毛詩稽古編』の流布と字体に関する問題  
 三 嘉慶刊本以前における『毛詩稽古編』の流布  
 小  結  
第二章 『毛詩稽古編』嘉慶刊本の上梓とその影響――費雲『毛詩稽古編附』の意味するもの――
 はじめに  
 一 嘉慶刊本の縁起  
 二 嘉慶二十年重刊本と『附攷』の附与  
 三 光緒九年縮印本と佑清  
 四 費雲『附攷』の意味するもの  
  1 『附攷』とそこにみえる諸本  
  2 『附攷』の校勘と現存する諸本の比較  
  3 『附攷』からみる嘉慶刊本の異同  
 小  結  
第三章 『毛詩稽古編』と『詩経通義』――両書の成立に関する一考察として――
 はじめに  
 一 陳啓源と朱鶴齢の学術的交流  
 二 『毛詩稽古編』の起稿と『詩経通義』の擱筆  
 三 陳啓源と朱鶴齢の詩経学  
 小  結  
第四章 陳啓源の『詩経』解釈――その方法と後世の評価――
 はじめに  
 一 『詩経』解釈における基本的態度  
 二 『毛伝』および『鄭箋』に対する態度  
  1 『毛伝』に対する態度  
  2 『鄭箋』に対する態度  
 三 諸説を取捨選択する基準  
 四 『毛詩稽古編』の受容と評価に関する一考察  
 小  結 
第五章 『毛詩稽古編』における詩序論
 はじめに   
 一 『詩序』を重視する要因   
 二 『詩序』の起源に関する議論   
 三 『詩序』の由来に関する考証   
 小  結   
第六章 清代詩経学における詩序論
 はじめに   
 一 清初における尊序派の詩序論   
  1 朱鶴齢の詩序論   
  2 陳啓源の詩序論   
 二 清初以降の詩序論   
  1 恵棟の詩序論   
  2 銭大の詩序論   
  3 翁方綱の詩序論   
  4 胡承の詩序論   
 小  結   
第七章 陳啓源の賦比興論――六義論に関する一考察として――
 はじめに   
 一 「六義」における賦比興   
 二 陳啓源の賦比興論   
 三 朱熹の賦比興論に対する批判   
 四 賦比興の混同と全不取義説   
 五 文字の呼応と全不取義説   
 小  結   

結  語
参考文献  
後  序   
An outline of this book
中文摘要
人名索引
事項索引

●著者紹介

江尻 徹誠(エジリ テツジョウ)
2008年 北海道大学大学院文学研究科博士後期課程修了
      博士(文学)取得
現 在 北海道大学大学院文学研究科専門研究員
専 攻 中国思想 詩経学
主要論文
「陳啓源『毛詩稽古編』における詩序論について」(『日本中国学会報』第57集,日本中国学会,2005年)
「清代詩経学中的詩序論」(『2007年中日博士生学術研討会・第二届東亜経典詮釈中的語文分析国際学術研討会会議論文集』,文献与詮釈研究論壇,2007年)
「『毛詩稽古編』研究――従成書到流布」(『当代経典詮釈多元整合教学研討会会議論文集』,当代経典詮釈多元整合学程研究計画,2009年)



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED