トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




描写の時代
和田謹吾著

判型: B6 並製
頁数: 290
ISBN: 978-4-8329-0607-5
Cコード: C1091
発行日:1975-11-25
定価: 1,650円 (本体価格1,500円+税)

品切れ・重版未定
売り切れ
●本書の特徴

花袋・泡鳴・秋声・秋江など,近代文学における自然主義運動を「描写」の時代として位置づけ,描写論を軸として,それに支えられた作品の発展を解明.自然主義文学研究の豊かな蓄積を持つ著者が,研究史上新たな視点を持つ独自の主張を,精密な分析をもとに展開する.
●目次

一  「露骨なる描写」まで―前期自然主義の様態
二  事実への傾斜―「蒲団」前後
三  実行と芸術との間―島村抱月を中心に
四  「平面描写」論の周辺―田山花袋の歪み
五  「一元描写」論の成立―岩野泡鳴の主観と客観
六  開眼から喪失へ―徳田秋声の方法
七  自虐の代価―近松秋江と後期自然主義
八  大正期の自然主義―描写の成熟をめぐって
九  私小説の変質―自虐から演技へ
●著者紹介

和田 謹吾(ワダ キンゴ)
1922年生まれ.
1950年,北海道大学法文学部卒業.
北海道大学文学部教授.
主 著:
風土のなかの文学 (北書房,1965)
自然主義文学 (至文堂,1966)
島崎藤村 (明治書院,1966)
島崎藤村集 (『日本近代文学大系』14) (角川書店,1970)
近代文学評論体系3・明治編 (共編,角川書店,1972)
田山花袋全集・新輯別巻 (共編,文泉堂,1974)



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED