トップページへ戻る
 
ご購入案内 小会案内 ENGLISH b
書籍詳細




パステルナーク研究 ― 詩人の夏
工藤正広著

判型: A5 上製
頁数: 486
ISBN: 978-4-8329-5321-5
Cコード: C3098
発行日:1988-02-25
定価: 4,950円 (本体価格4,500円+税)

品切れ・重版未定
売り切れ
●本書の特徴

パステルナークのわが国初の本格的研究書.作品を新手法で解釈するに留まらず,時代とトータルに向き合って生き抜いた詩人の思想の根本を研究することで,ソヴィエト・ロシア史をも同時に照らし出す.
●目次

第 1章  詩集 『初期』の頃
   1   音 楽
   2   『初期 1912−14』
   3   第二詩集 『バリエール越え』
第 2章  詩人たち
   1   同世代の詩人たち
   2   世紀末の光景
第 3章  わが妹人生
   1   詩集 『わが妹人生―1917年夏』
   2   『光の驟雨』 ・ツヴェターエワ
   3   詩人の周辺
   4   マヤコフスキーについて
   5   妹の思想
   6   『わが妹人生』 詩抄 (十二篇)
第 4章  詩人が小説を書くとき
   1   詩人の散文小説―その内部言語意識
   2   初期散文小説の試み― 『アペルレースの線』 『トゥーラからの手紙』
   3   散文小説の確立― 『ジェーニャ・リュヴェルス』
   4   『リュヴェルス』 への註
   5   小説 『空路』 のテーマ
第 5章  詩人の生活―1929年夏
   1   『ズヴェズダー』 誌との関係
   2   1929年夏
   3   稿料生活
   4   パステルナークの 「文学」
   5   ポロンスキー宛の手紙とレフ脱退
●著者紹介

工藤 正廣(クドウ マサヒロ)
北海道大学言語文化部教授
○主要著書:
わが妹人生―1917年夏 (鹿砦社,1972)
パステルナークの詩の庭で (白馬書房,1976)
眠る故郷 (白馬書房,1980)
ドクトル・ジバゴ論攷 (北海道大学図書刊行会,1990)
ロシア/詩的言語の未来を読む―現代詩1917〜1991 (北海道大学図書刊行会,1993)
○主要訳書:
ロープシン 「蒼ざめた馬」 (晶文社,1967)
ロープシン 「漆黒の馬」 (晶文社,1968)
オレーシャ 「愛」 (晶文社,1971)
ロシア幻想小説 (共訳,白水社,1973)
ビリニャーク 「機械と狼」 (共訳,白水社,1973)
ジョーミン 「日は鉄格子に昇る」上・下 (講談社,1976)
イヴィンスカヤ 「パステルナーク・詩人の愛」 (新潮社,1982)



北海道大学出版会
〒060-0809 北海道札幌市北区北9条西8丁目北海道大学構内
TEL 011-747-2308(直通) FAX 011-736-8605
Copyrights(C) HOKKAIDO UNIVERSITY PRESS ALL RIGHTS RESERVED